FC2ブログ

便秘は病気のデパート

免疫力は腸で70%作られる。 腸の状態は便秘で決まります。

便秘になると食物のカスや宿便が腐敗し、毒素となり血液中を回り、

全身に蔓延します。 その結果、腸の病気(大腸ガン、腸炎 etc )だけでなく、

脳卒中や動脈硬化、糖尿、アトピー、アレルギー、各種ガン等、

全身の病気・不調となります。


善玉菌が増えると腸内環境が良くなり、免疫力が高まります。

腸への善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)効果で、マクロファージ、NKキラー細胞が

活躍し、全体の不要なカスを蚕食(さんしょく)し、大掃除します。


自然に考えると分かる事ですが、人体は食物で出来ています。

腸で栄養を吸収するので、吸収状態というのは非常に大切です。

吸収状態によって、食物は体にとって栄養にもなりますが、毒にもなります。

食物自体もそうですが、自然に放置しておいて腐らせると臭いもの(特に肉)は

体に良くありません。 その上に便秘状態になりますと輪をかけて腐った毒が増え

全身に回り、体全体に悪影響を及ぼします。

便秘が病気のデパートと云われる所以です。


肉食が増えた現在、大腸ガンが多発するのは当たり前と言えるでしょう。

現代の奇病と言われる各種ガンも食べ物に起因するのは、至極当然と考えられます。

老廃物をしっかり排出して、腸内環境を整え、便秘を防止しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。
スポンサーサイト

免疫力を高める

免疫力は何に因って高められるのか。

免疫力の70%は腸で作られます。 

健康の観点からすると、脳はバカで腸は賢いそうです。

藤田紘一郎さんの「脳はバカ 腸は賢い」から少し考えてみたいと思います。


私も健康のことについて色々考えていましたが、腸についての知識は

ありませんでしたし、その重要度が高いのは最近数年で詳しく知りました。


例えば、腸の状態が悪くてガンになったのか、ガンになったので腸の状態が

悪くなったのか、確かにガンになると非常に便が臭くなるし、ガン病棟は特に

臭いがきついそうです。

さて、腸が大切という事は、究極、善玉菌が多いという事になります。

主に乳酸菌・ビフィズス菌等が多いという事です。

赤ちゃんのウンチは臭くないが、大人になるほど臭うようになります。

善玉菌が減り、年と共に悪玉菌が増加し、免疫力が低下します。

その結果、病気を誘発します。


食事からすると、日本本来の和食が、大変腸が喜ぶ事になります。

野菜・穀物・豆・発酵食品等、伝統的な日本食は腸の善玉菌のエサになる

食物繊維や酵素が豊富に含まれています。


加齢(60歳を超えると急速に免疫力が低下する=善玉菌が減り悪玉菌が増える)や

添加物だらけの加工食品による食生活の乱れで、腸内環境が悪化すると、

便秘・肥満・アレルギー・ガンなど様々な病気を引き起こします。

善玉菌を増やして腸を強化し、便秘をはじめとするあらゆる病気を防ぎましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。



医療の真実

我々の体は食べたものでできています。

自然に考えて、食べた物が良ければ健康で、悪ければ病気になります。

現代の医療は血圧が高いと降圧剤、腹の調子が悪いと胃腸薬、

風邪だと熱冷ましや抗生物質、ガンだと抗ガン剤、放射線と称して劇薬を投与、

髪が抜けたりしています。


手術して治ったといいます。 

治ったとは元に戻ったことをいいます。 臓器を切り取って治ったとはいいません。

ガンの平均生存率は三大治療を行った結果 2.6年、

岡山大学の先生が論文を発表しようとしたら、どこからともなく止められたそうです。

勿論、役所・薬の業界・医者の団体であろうことは予測がつきます。

何もしなければ10年位生きたという証言もあります。


もうお分かりと思いますが、

現代の医者と医療は、全てが部分治療で、根底には金儲けの思想があります。

本来の医者の仕事は病気の特定と食養学を中心の指導・改善ですが、

これを実施しても、お金にはなりません。

結局のところ、生活習慣病に起因する高血圧・糖尿病・ガンなどは

食生活の指導で、ほとんどが治ります。

なぜなら、生活習慣で病気になったからです。

人間の食べる事への欲望と金欲が、回りまわって体を蝕んでいます。


産業としての食品、外食は基本的に人の健康と相容れません。

保存する為の防腐剤、口当たりや見た目を良くする為の各種添加物、

精製された塩・砂糖・米、これらすべて人体にとっての毒物となります。

本来の健康を追及していくと、食品・外食産業は成り立ちません。


出来る限り、自然で単純で原始に近い食物、

そして、自分で手をかけて料理を作り、食べる。

これが健康で長生きの秘訣ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。 お待ちしています。

ネバネバ食品の話

ガンにはネバネバ食品が良いという話をしました。

中に含まれる多糖体がガンに効果があります。

そこまでの話ではないのですが、醗酵学の先生 東京農大の小泉武夫さんが、

体が疲れた時にはネバネバ食品を食べると元気になる と書いています。


作り方は、

すり鉢に山芋をすり、もずく・納豆・なめたけを混ぜ、味付けをし、

彩りにオクラを刻んで入れる。 これをごはんにかけて丼にして食べる

と良いそうです。

他には醗酵したものを食べると腸が丈夫になり、

ネバネバ食物は、乳酸菌、ビフィズス菌のエサになります。


日本古来の食品には各地でたくさんの発酵食品があります。

滋賀の鮒ずし、小笠原のくさや、金沢のひしこ、かぶら寿司、水戸の納豆、等々

全てが腸にとって大切な発酵菌となり、免疫力を高めます。

これが病気の予防・治癒になります。

過去のブログ全てに通じる事ですが、自然に日本古来の食事を摂ることが

大切なのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

フィトンチッド

ロシア語でフィトン(植物)チッド(殺す)と言います。 もともとは動けない植物が、

外敵から自分を守るための、森の香りの成分の呼び名だそうです。

森の樹木の発する揮発性の物質で、体をリフレッシュしてくれる効果があります。


自然健康ブログでは、動物の本来の姿はどうあるべきかを考えます。

人も動物ですので、やはり緑の多い森の中に住むのが、人間らしい。

まず健康に過ごすには住環境、即ち水と空気が大切ではないでしょうか。


私自身の経験でも、昔の日本家屋(密閉性が悪く隙間から風が入る)に

数日寝起きすると(周りには大木があり緑が豊か)、 頭痛が治り、

気分がすっきりした経験があります。

ある場所でも都会生活につかれた若い会社員が、そこで2~3日住み、

畑をしたり散歩をしたり、自分でそこで採れる自然の食材で料理をしたりして

食事を少し変えると元気になるそうです。 

そして鬱病になった人も治ったそうです。

現在は、余りにも物質文明が進み過ぎ、自然とかけ離れ、

人体に多大な悪影響を及ぼしています。


まずは人工の音のない、微かな木の香りを感じる環境で

住んでみてはいかがでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

牛乳を飲む危険

牛乳は牛の乳であり、人の乳ではありません。

自然に考えて、日本人の食べる食品ではありません。

まず日本人は、飲みだしてからの歴史が浅く、消化酵素を持ち合わせていません。

下痢をする人が多く見受けられます。 

牧畜をしている民族は、1,000年以上の歴史の中で体が出来上がっています。

また日本の牛乳は、殺菌しているので生乳に含まれる微生物が死んで、

酵素もありません。

牛乳に含まれているタンパク質が消化せず、血液中に入り込み、

異物反応を起こし(白血球が攻撃する)、様々なアレルギー、免疫異常(関節炎等)

を起こします。


牛の平均寿命が人の 1/3 位なので、人が牛乳を飲むと3倍の速度で成長し

速く老化します。 これは肉食の場合も一緒です。

老人になった時の欧米人と日本人を比較すると、一目瞭然です。

肉食が増えた日本人ですが、なんとまだまだ若々しく見えるではありませんか。


その上に商売の論理が入り込みすぎ、牛に更に成長ホルモンを与えていますので

(速く育ててお金に換える)もっと牛乳を飲むと、ひどい状態になります。


牛乳はカルシウムが多いので良いというのも問題があります。

逆に多く摂りすぎると、骨粗鬆症になります。

牛乳にはリンもあります。このリンが人体のカルシウム(主に骨にある)と

化合し、リン酸カルシウムとなり、逆に人体のカルシウムが減少します。

欧米人には日本人より骨粗鬆症の人が多いのもその事を表しています。


自然に考えて、牛乳は牛のもの、人が飲むものではありません。

物事の真実は自然で単純なものです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ガンとは

ガンとは一体何者なのか。 発生メカニズムを考えてみましょう。


一般的に生活習慣病の一種と云われています。

三大治療  手術・放射線・抗ガン剤 いずれも部分治療で、抗ガン剤に至っては

ガン細胞も死ぬ代わりに正常な細胞(主に白血球、白血球が死ぬので他の

病気を拾う)も、死にます。

いずれも免疫力が大幅に低下し、ガンが再発すると、以前にも増して

病状が悪化します。 生活習慣病と云われながら、生活習慣を直す指導を

したことを、聞いたことがありません。 何かが誤っています。

結局のところ、年齢による免疫力の低下と、長年の生活習慣による

血液の汚れが、ガンという形で表れたのです。


一概にガンが悪いという事ではありません。

毎日毎日ガンは、3,000個 ~ 5,000個 出来ているそうです。

若い人は免疫力が高いので、直ぐにマクロファージとかNKキラー細胞が浸食し、

たちどころに食べてしまいます。

高年齢になれば、免疫力が低下しますので、ガンが表に出て、

病気という形になります。


人の体は非常に神秘で、一年でも多く生きようとします。

その為、脳(自分自身)が考えて、良い事(欲)でも、体に悪い現象が起きると、

人体は しょうがないな と云う事で、命に別状のないところにガンという形を作り、

血液を浄化し、命を長らえようとします。


自然にガンの発生メカニズム・原因を考えると、予防・治療するヒントが

解るのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。


断食と少食の効用

いつから人は三食になったのか。

江戸時代以前は二食だったと、どこかで習いました。


この自然・健康ブログでは何事にも自然であれば良いと説いています。

食べる習慣からすれば、腹が減った時に食べるのが自然だと思います。

人間社会では三食食べるべきという(おなかがすいてないのに)

習慣(ある意味恐怖)に追い立てられています。

仕事があるので、そうしなければならない事情もあります。


いつも三食食べるのではなく、出来る限り少食にしますと、免疫力は高まります。


認知症の人は食べ過ぎで、余ったたんぱく質が脳に沈着し発症すると

云われています。

脳がやられても食欲だけはありますので、悪循環に陥りもっとひどくなります。


太って疲れるのもたんぱく質の摂り過ぎです。

少食、たまにプチ断食しますと、体重が減るのはもちろんですが、

空腹状態になると体がエネルギーを蓄えようとし、不必要な免疫細胞が

リサイクルされ、体の免疫力が格段にアップします。

要は体(体液・血液)にこびりついている、無駄な細胞・エネルギー等を

燃やしてすっきりするという事です。

余分な脂肪やたんぱく質が無くなり血液の循環もよく、

その結果、体調がよくなります。


一度体験してみては、いかがでしょうか。

食物に対する感謝の心が湧いてきます。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。


日本の長寿村・短命村

自然の流れの中での食事が、長寿・健康の秘訣です。

”近藤正二著「日本の長寿村・短命村」緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める”

から抜粋、少し手を加えてお話ししてみたいと思います。 


山梨県と東京都の境に上上野村(かみうえのむら)という所があります。

そこは長寿の健康村です。年寄りは病院で亡くなるのではなく畳の上で、

昨日迄元気で働いており、朝起きると静かに亡くなっております。

いわゆる老衰で苦しむことなく大往生だそうです。生活は山が深いので、

山道を一日に何度も上り下りして畑仕事をしています。

非常に健康的で運動にもなります。 又、水・空気が良く環境が抜群です。

食べるものも畑の物が多く、体に非常にいいものを食べています。

同居の息子夫婦と食事を共にするのですが、昔からの食事と現代の

肉・魚・加工品の食事と2種類が食卓にのります。 

年寄りは現代の食事を食べないそうです。 

その結果、逆縁(親より子が先に亡くなる)が多発したようです。


ある食物関係の東京の記者が、上上野村のある所に滞在し、

昔ながらの食事を2~3日食べた結果、環境もいいせいで

頭がすっきりし、便秘もあっという間に治ったそうです。


もう一つの例は三重県の漁村の話ですが、道路が無く山を隔てた

二つの隣村です。

片方は平野があり、米がとれ漁業も盛んで裕福な村です。 

もう一方は山が迫り、米がとれなく、そして漁業が盛んな村ですが貧乏です。 

片方は食事は米を食べ、大型の美味しい魚を食べます。

もう一方は貧しいので、大型の魚をお金に換え売り物にならない小魚を食べ、

畑で採れる物を食べます。 

前にも書きましたように、魚の食を取り上げれば部分食と全体食です。

もうお解りだと思いますが、片方が短命で、もう一方は、長生きです。


この二例が、自然で健康長生きを凝縮したエキスのような生活を表しています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝しています。

狂牛病と食事

自然の摂理に反する行動を、人が欲望(儲け)の為に行った事が、

狂牛病の原因です。


草食動物の牛に肉骨粉(主に羊)を食べさせた結果、

当初は、早く育ち、早く出荷できるので儲かると思った。

時間の経過と共に毒が蓄積し、牛の脳に異常をきたし、バタバタと死んでいった。

イギリスで2000年頃に発生した事件です。 それから世界中に広がりました。

また、同時期にイギリスでハンバーガーを朝・昼・晩と食べ続けた男性が、

プリオン病、ヤコブ病で亡くなる事件も発生しました。

戦争中は日本軍が負け戦の中で食べ物がなく、同僚の人肉を食べたと

云う話がありますが、出てくる汗、体臭が異常な臭いがしたと云う話もあります。


いずれも自然に反する行動で、本来、肉を食べてはいけない生物に肉を食べさせ、

金儲けをしようという人間の神に対する冒涜(ぼうとく)であります。


基本的に、食は資本主義になじまないもので、欲、利益の為には不自然なこと、

結果において、反社会的な事をしてしまう人間の浅はかさではないでしょうか。


今迄書いてきましたように、人も、少しの肉以外は植物中心の食事が大切で、

出来る限り自然の物を食べるのが、健康で長生きする秘訣ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

歯と食事

全ての物事は自然であればいい状態、不自然であれば悪い状態、

すごく当たり前の事です。


歯から考える自然の食とはどういうものなのか、生き物(動植物全て)を

出来る限り原始の状態で食べるのが体に良いという事を書いてきました。

あまり加工しないで食べる事が自然だという事です。


さて、人の歯は親知らずを含めて32本あります。

切歯・犬歯・小臼歯・大臼歯の4種類に分ける事が出来ます。

切歯は中切歯、側切歯の2種で、上下計8本。

犬歯は上下計4本。臼歯は上下計20本あります。(ウィキペディアより)


臼歯が 20/32=62.5% から解るように主に穀物をすりつぶして

食べるのが食事の中心です。

犬歯 4/32=12.5% は、肉食が10%強となります。

切歯は主に植物・果物系を食べるのに用います。

既にお分かりのように、歯は食物の種類、人類が今迄に食べてきた

食物の内容を表しています。

もう一度原点に返り、食事の内容を考えてみてはいかがでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

日本人の体型の変化

ここ40~50年で食事の洋風化が進み、日本人の体型に変化が

生じてきています。 同時に病気も複雑化しています。

例えば、体型を考える上で、女優さんの体型を見ていきますと、

昔は、胴長でずんぐりむっくり型(草食動物、シマウマとか)でしたが、

今は足が長く背も高いカッコいい体型(肉食動物、ヒョウ・ライオンのメスとか)

になっています。


健康の面から考えますと、昔の人が強く、子供も生まれやすかったのですが、

今の人は、体型はかっこよくなりましたが、弱い体質の人が多くなっています。

又、性格も昔の人は、草食動物に近いので、優しく調和的で

今の人は、肉食系になりつつありますので、獰猛で切れやすく

個人的になっています。

そして、昔に無かった、色々な考えられないような社会現象が

多発しています。

また、子供は成長ホルモンが多く入った食物(業者が成長ホルモンを

多く入れ早く育てて儲ける為)や、肉食が人間本来の成長速度を超え

早く大人になります。

そして、長い間にそれらの毒が蓄積し老化が早まり病気が多発します。


本当に自然な状況の中で生きれば(現在は全く不可能に近い)

人は120年生きるそうです。

干支十二支を5回で還暦(60年で干支が一回りし生まれ年の干支に戻る)60年

あと5回で60年、大還暦合計120年となるそうです。

実際ヒマラヤの麓、アンデス山中 etc. で世界の長寿村があり、

健康で元気に病気知らずで、100歳を超えて生活している人が多くいます。


自然の環境の中で生きて、自然な生活をすれば、

病気知らずの人生が送れるのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。


食物と腐敗

腐敗とは、腐敗・細菌・真菌・酵母など微生物によって

生物由来の有機物、特にたんぱく質などの窒素を含んだ有機物が、

分解されること。 腐るともいう。

人間に都合のよい物質が生じる場合は、醗酵という。(ウィキペディアより)


人にとって醗酵は良いが、腐敗は悪い。

全ての生物は死という形と共に土に還る。 自然現象です。

ここで、食物の腐敗(醗酵以外)は人に悪影響を及ぼします。


例えば、果物・野菜・穀類・魚・鶏肉・豚肉・牛肉を並べて

空中に放置しますと、腐ります。

果物の方は芳香を発しますが、肉は悪臭を放ちます。

左から順に腐った臭いが、だんだんときつくなります。

人体に肉食という形で取り入れますと、悪臭が大小便、汗の形で表れます。

そして、蓄積されますと、病気の遠因となります。

ライオンのおならは臭く、象のそれはあまり臭いません。

肉食動物と草食動物の差となります。

人は雑食ですが、犬歯は2本しかありません。

肉は少しだけ食べる という事です。


以上のように、出来る限り果物から始まる穀類を食べる方が、

人にとって(特に日本人)は、健康の秘訣ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。


生活習慣病 ②

長年の不自然な食生活の集積が体に変調をきたします。

年齢とともに長い間の不自然な生活習慣と加齢による免疫力の低下で

病気が出てきます。


病気になった時、現代の病院(西洋医学)はその病気の部分治療を、

行います。 全てが速効性を優先し薬を処方します。

その結果、薬=化学物質 が、血液の中に残り、先々問題を起こします。

治ったように思うのです。


根本原因の、生活習慣を正す、治療、食養教育 は基本的にしません。

何故なら儲けにならないからです。

国の医者に対する報酬制度が、ハード面での手術・薬に大部分が支払われ、

ノウハウとか、ソフトに報われる制度となっていないからです。

医者は仁徳の部分と儲けの部分の二面性を持っています。

本当にいい医者はあまり薬を出しません。


私達は自分自身が持っている免疫力、自然治癒力を、食養を中心に高める事で、

生活習慣に根ざす、種々の病気、ガンや難病など

治る可能性があるのではないでしょうか。


現在でも医者に見放された病人が奇跡的に治った事例は、

たくさん見受けられます。

ただ方法は部分的であり、治った人、治らなかった人、色々見受けられます。

たぶん、一例一例は、正しいと思います。

そのあたりを総合的に取り組めば、答えがありそうな気がします。


とにかく不自然な生活習慣を改め、自然な生活習慣にすることが、

大切なのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR