便秘は全ての病気の原因

便秘は大腸のせんどう運動不足で起きる場合と、ストレスなど緊張状態で麻痺する

場合があります。


主に運動不足で起こる原因は、白砂糖の摂り過ぎです。加工された炭水化物なども

原因となります。白砂糖は習慣性があり、麻薬に近いものであり、危険極まりない

ものなのです。

肉食を続けていると便秘になります。肉のタンパク質は、腸内で腐敗すると強烈な

発ガン物質となります。腸内は40℃近くありますので、肉は早く腐りだします。

便秘として数日から一週間も溜めこみますと、肉の毒が血液を通して全身を巡ります。

この血液の汚れがガンの原因となります。

最近、ガン患者が激増しているのは、白砂糖と肉の摂り過ぎが原因です。


この様に、便秘は血液の汚れを通して、高血圧・動脈硬化など、慢性生活習慣病を

引き起こします。便秘は老化を早めるので、腸内フローラを正常化し、便秘にならない

ように、注意すべきなのです。


自然な物を食べ、発酵食品を多く摂取し、気持ちを穏やかに持てば、

便秘も解消し、健康になります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おにぎりと発酵

おにぎりは日本人の代表的な携帯食です。

標準的なものは、塩・梅を使います。塩梅(あんばい)が良いと言います。

調子・加減が良く、体の具合、健康状態が良い事を表します。


おにぎりを作る場合、塩で味付けし中に梅を入れると防腐の役目をします。

又、自然塩で握ると、加工塩(Nacl 99.5%)のように辛いだけでなくミネラルたっぷり

なので、美味しく感じられます。

コンビニ・スーパーのおにぎりは、どうして不味くて危険なのでしょうか。

腐らないように次亜塩素酸ナトリウムの消毒液を何度もスプレーします。米だけでなく

具についても消毒液をスプレーします。食品製造者は食中毒が商売上一番怖いのです。

消費者の健康は二の次です。塩素分が胃に入ると胃の酸と反応して塩素ガスが発生。

これが発ガン物質となります。


家庭でおにぎりを作った時、なぜか子供は "おばあちゃんのおにぎりがお母さんより

美味しい" と言います。おばあちゃんは素手で、お母さんはビニール手袋かラップで

にぎります。お母さんは消毒・殺菌・滅菌の考えが強く、素手では握りません。

ここに美味しくない原因があります。

素手で握ると、手についている常在菌(主に乳酸菌)と自然塩のミネラルと米の糖分が

反応して、表面が発酵状態になります。握って少し時間がたつと表面が発酵状態となり、

一層、美味しく感じるのです。

消毒観念が行き過ぎ、微生物の働きを忘れた現象がここにもあります。


発酵についてよく考えないで、消毒ばかりしていると、

         人にとって有用な微生物も同時に死んでしまいます。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

母乳の大切さ

当たり前の事ですが、哺乳類は赤ちゃんを乳で育てます。

母乳で育てるのが自然なのです。人間が赤ちゃんを粉ミルク(主に牛の乳)で育てる

のは不自然で、いろいろな病気を誘発します。特にミルクの中のタンパク質が、人体に

異物・異常反応を起こし、アレルギー・アトピーの原因となります。

そして生まれた赤ちゃんは母体から受けた毒を母乳(特に初乳)でデトックスします。

この時にミルクを与えていると、毒が体に残ります。そして、粉ミルクを繰り返し

赤ちゃんに与えていると、慣れが出て飲むようになりますが、非常に危険な添加物も

入っており、いろいろな症状(夜泣き・下痢・食欲がない・顔色が悪い・おむつかぶれ)

が表れます。


母乳は赤ちゃんにとっては、完全な栄養食品です。人には人の、牛には牛の乳があり、

それぞれ乳の栄養価は異なります。牛の乳が安いから、又、商売になる(金儲けの為

牛を早く成長させたり死なないようにする為、ホルモン剤や抗生物質が多く使われ

非常に危険を伴う)からと言って、人間に安易に飲ませてはいけないのです。


母乳を飲ませる事は母子のスキンシップを高めます。そして子供の状態を見る事が

出来ます。赤ちゃんを産んで母乳が出ない哺乳類はいません。

乳が出ない人は食生活が原因で、不自然な物を食べないで自然な日本食を摂るように

心掛けましょう。  自然に母乳の大切さを考えたいものです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

陰陽と心の持ち方

自然治癒力と免疫力を高めて健康に生きる為には、食物と腸管力も大切な要素

ですが、心の持ち方(ストレス)も大きな比重を占めます。

それには、中庸を保つ考え方が重要です。


この世の中全てには陰陽があります。対立する事もありますが、共存・補完している

物でもあります。太陽に対して月があり、天に対して地があり、夏に対して冬があり、

男に対して女があります。昼は活動し、夜は寝ます。全て陰陽です。

食べる物でも、夏は暑いのでキュウリ・トマト・スイカなど土の上に出来る物で体を

冷やします。冬は寒いので地中の野菜で体を温めます。


この様に、陰陽を理解すれば、この世の事象全ての真実がわかりますし、中庸の気持ちを

保つ方法が分かってきます。中庸の考えを持っていると、例えば、議論が分かれた時に

相手の立場にたって、こういう考え方もあるんだという事が理解できますし、尊重できます。

尊重した上で摺り合わせをし、落ち着きどころを捜す。又、気持ちを整理する心の持ち方

をすべきです。これは頭で理解できてもなかなか実践できない。

しかし、その都度、その時に、実践を重ねて行けば段々と分かるようになります。


世の中全ての物は陰陽で成り立ち、中庸に収まるという事で気持ちの安定を

計って行くと、心が安らぎ免疫力が高まって、病気とは無縁となります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人の健康は腸の健康

腸の健康のバロメータは便に表れます。

風邪をひいたりストレスが溜まると、便秘になったり軟便になったりします。

腸の状態が良い時は、心身共に体調が良い時です。

腸が体の免疫力の70%以上を司ります。便の状態が悪いのは、食べ物が良くなく

腸内が腐敗している。そしてストレスなど気持ちの問題などを含めて、腸管力が低下

している。 などが考えられます。


これらを治すには、

食事では、食物繊維の多い野菜や腸内細菌のエサとなるネバネバ食品を食べたり、

発酵食品を摂り入れると、腸内が発酵状態となり、体にエネルギーが湧いてきます。

そして精神的には、ストレスを溜めない気持ちの持ち方を習得することが大切です。


便のチェックとしては、一日一回ある事、便の状態がバナナ状でにおいが臭くない事、

残便感が無くトイレットペーパーに付かないなど、便で健康状態がチェックができます。

そして腸の調子の悪い時は、不健康の状態ですので、お腹がすっきりするまで

食べない事が、重要です。食べないと体のデトックスが進むと同時に、消化器系を

中心に内臓が休養をとる事になり、体力回復となります。


腸の健康は、便の状態でわかります。それが人の健康につながります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腐敗と発酵

全ての物は微生物により腐敗して土に返ります。

微生物が増殖する事を腐敗と言いますが、その内人間にとって役に立つ事を発酵と

言います。人体も腸を中心に、善玉菌で腸内フローラが発酵状態となると、健康に

なります。結果、便の状態も良く、臭いも悪臭がしません。

体の表面も常在菌が適度に住みついていると、汗の悪臭がありません。

人が住む生活環境も植物性乳酸菌で発酵環境となると、嫌な臭いがしません。


現代は消毒・殺菌・滅菌ばかりで、腐敗菌も発酵菌も殺す事ばかりが行われています。

その為、無菌のところへ腐敗菌が大増殖して、大変な状況になる事があります。

昔なかった O157 など食中毒が、蔓延するのもその一例です。

発酵菌優位の状況で、腐敗菌が自然に逃げ出す状況が一番いいのです。

生活環境が発酵状態になれば、腐敗菌が好きなハエとかゴキブリなど害虫が

寄り付かないし悪臭も無くなります。


人体の内外部、生活環境、 共に発酵状態になれば、体の臭い、便の臭いも

無くなり、一段と健康になります。住環境も全く同じなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

微生物と発酵 ③

広島・長崎の、原爆から立ち直りが早かったのは、放射能を無害化する微生物菌

(光合成菌)が日本の発酵文化の中にあった事が、注目されています。

原子力発電に代表される核反応や核融合は、大きなエネルギーを発生します。

設備も巨大化されますが、自然界では微生物が簡単にそれを行います。

それは、地球誕生のはじめ、過酷な環境で生き延びた微生物菌だからこそなのです。

植物でも動物でもこの発酵によって核反応が自然に行われています。原爆を例に

挙げると、放射能を微生物菌が原子変換し、無害化しています。


この様に考えますと、人体においても消化器官を中心に発酵状態を保って起きますと

核反応が起きて、エネルギーが発生し、体温上昇が計られていると考えられます。

そして活動エネルギーも充満し、非常に健康状態が良くなるのではないでしょうか。


人が作った物を含めて、自然界にある物は、全て腐敗し土に返ります。

この腐敗の中で人に有益な物が発酵で、これが人体のエネルギーになって

いるのです。腸内フローラを高める為に、発酵食品を摂り、エサとなるネバネバ食品を

多く食べたいものです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

微生物と発酵 ②

今迄、健康を議論するのに栄養学が中心でした。これは片手落ちで微生物の活躍を

無視して健康の論議する事の無意味な事が最近注目され、腸内フローラの事が

マスコミで取り上げられるようになってきました。腸内フローラを高める為には、

発酵食品を摂る事が栄養学的(物質的)作用だけでなく、

          エネルギー力・生命力=免疫力   を与えてくれています。

これは行き着くところは発酵食品の中の微生物なのです。


人間は体の中で微生物による発酵を起こしています。特に、消化器系(胃・腸他)

の中で発酵を起こして、エネルギー発生・人の生命力を支えています。

その他にも体の表面(皮膚など)でも、常に常在微生物菌が生きており、

体を守っています。あまり石鹸などで体を洗い流さない方が健康的なのです。

農業でも微生物土壌発酵が栄養素(窒素・リン酸・カリなど)とは違った発酵エネルギー

作用により、健康的な野菜・果物を作るポイントとなっています。

人でも同じで、発酵食品を食べると微生物がエネルギーを発生させています。


腸内フローラに代表されるように、消化器官に微生物が住みつき、発酵現象が

起きています。これらの微生物が体の細胞に働きかけ、生命活動の基本的働きを

支えているのです。

不食の人が世界にはいますが、この微生物の活動により、栄養(腸内の微生物の

死骸・尿のアンモニア・その他体に不要な物を栄養に転換)を作り出していると

言われています。


栄養が行き過ぎた現代、少食・断食を行うと体の調子が良くなるのも、微生物の

活躍により、毒出しが進むからなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



微生物と発酵 ①

微生物で発酵させた土で育てられた植物・野菜は、生命力が強いし、スーパーで売られて

いる物に比べ、美味しく日持ちします。この事は化学肥料(窒素・リン酸・カリ)でも云われる

土の栄養だけでなく、微生物による発酵活動が大きな役割を担っています。

発酵がエネルギーとなり(発酵土は手を入れると温かい)、土に生命力を与え、その力が

いい野菜を作る大切な要素なのです。

つまり、微生物の活動が、成長や活動の大きなエネルギーとなっているのです。

植物群の成長は土に始まり、土が発酵土であれば太陽の光と共に微生物によって

健康で美味しい野菜が出来るのです。


微生物の活動のいい例は、広島・長崎原爆の被害からの復興です。

当時、200年はだめだろうと云われた広島・長崎でしたが、日本の発酵文化

(味噌・醤油etc.)の中での微生物(光合成菌)が、放射能を無害化して、短い年数で復興

しています。これほどに微生物の活動は、重要なのです。


農業で発酵土が重要な様に、動物でも同じ事が言えます。

人で言えば土は腸にあたります。腸の微生物群がしっかりしていれば、微生物(善玉菌・

悪玉菌・日和見菌)によって、エネルギー転換がされ、体温が維持され、成長・活動が

促進されます。そして、人も植物と同じく健康体が出来上がるのです。


腸内細菌に注目しないで、栄養学(炭水化物・脂肪・たんぱく質etc.)だけでは

ダメなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

免疫システムとアレルギー

人の免疫システムは、腸内環境に大きく影響されます。

腸内環境は、生まれて一歳位までに確立されます。この時に人としての適度な腸内環境が

確立していないと、アレルギー・喘息・アトピー系の病気にかかりやすい体質(腸内環境)と

なります。赤ちゃんは腸内環境を正しく作る為、善玉菌・悪玉菌・中立菌を摂り入れる為、

何でも口に入れます。それを大人の感覚で汚いと口に入れさせないと、アレルギー系を

抑える微生物菌が腸内に入らず、発症の原因となります。

逆に、ほこりだらけの家や動物の持つ菌にさらされた方が、より健康な子供に育ちます。


発展途上国や農家で土に触れる子供は、アレルギー系の病気はありません。

なぜなら土中微生物菌を腸内に摂り入れるからです。逆に清潔にし過ぎていたり

都会に住んでゴキブリやハエ・ネズミなどのアレルゲンや汚染物質に接していると

アレルギー系な病気のリスクが高くなります。


土との接触が少なく、腸内細菌が悪玉菌に偏っていると、デトックス効果も下がり、

いろいろな病気が発生します。赤ちゃんが土に接する事により、土中の微生物菌が

口から体内に入ってきます。そして人が本来の動物としての免疫力が高い腸内環境となり、

健康な子供に育つのです。昔に返り、不潔で良いのです。そのほうが抵抗力が付き、

健康でいられるのです。


現代の大人にも清潔・消毒・滅菌で微生物菌全部を殺す事ばかりが叫ばれ、

あらゆる微生物菌の共存による免疫力アップの効果が強調されません。

人は、そう簡単には病気にならないし、微生物菌によって守られているのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食生活と腸内環境

腸内環境の良し悪しと免疫力は密接な関係があります。

免疫力の70%以上が腸で造られます。腸内環境が良いと健康で長生きできます。


腸内環境は便の状態で判断出来ます。肉食が過ぎると体臭がきつくなり、脂ぎり、

便は黒くなってきます。又、腐敗で大変臭くなります。腸内も悪玉菌が増え、環境が

悪くなります。この様な腐敗状態が血液となり、体中を回り続けますと、病気の遠因と

なります。


トイレの臭いがひどくなるのは、大腸内が悪玉菌優位となり、硫化水素やアンモニアなどの

腐敗有害物質を作り出している為です。ただでさえ年齢と共に善玉菌が減り、悪玉菌が

増えるのです。元気で長生きする為、食生活の改善で、腸内環境見直しを計るべきです。

健康的な生活の為には、乳酸菌やビフィズス菌の摂取をすると共に、野菜・魚・中心の

食事に変更して、適度な運動をするべきです。


便所は、体の状態の確認する所、つまり 健康便り所 です。

便の状態(形・臭い)で健康と病気の判断が出来るのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食べるを自然に考えると

食という字は人を良くすると書きます。

自然に考えると、食欲が出た時に適度に食べるのが一番良いのです。


世の常識では、三食食べなければいけないとか、朝食を抜いてはダメだとか、栄養不足に

ならないように食べなければならないとか、自然な食欲とはかけ離れた義務感に

さいなまれています。誤った常識や医療・食品業界の儲け主義から、食が不自然な状況で

毎日行われています。

病気になると食欲が落ちます。 なぜでしょうか。

物を食べると消化吸収するのに、大量のエネルギーを必要とします。体が病気を自然に

早く治そうとする為に、そちらにエネルギーを多量消費する為に、食べないよう脳から

命令が出て、食欲が落ちるのです。病気が回復してくると、自然に食欲が湧いてくるのです。

精神病になり食欲が落ちているのに、食べないと元気が出ないと無理矢理食べると、

逆に病状悪化を招くのです。

病気でもないのに食欲が無い時も、自然に無理せず、食べなければいいのです。


現代日本のように、飢餓とは縁遠い状況下では、栄養過多や食べ過ぎによる胃腸への

過負荷の方が問題なのです。

自然な行動が一番で、食べたくない時は食べなければいいのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

現代医学の危険性

人間の体はそんなに柔で弱くない。自然に治るように出来ています。

殆どの病気は放っておけば治ります。古代ギリシアのヒポクラテスもその様に云っています。


現代医学(主に西洋医学)は、外傷性と緊急性(救急医療)においては意味があり、

価値があります。

その他の大半の病気は、対処療法で病院にかかると危険性が高まります。

例えば、年寄りの人が、あちらが痛いこちらが痛い、という事で数か所の違った病院で

薬を処方してもらったところ、めまいがして倒れた。よく調べてみると、あまりにも多くの

薬の処方の為、副作用で倒れた事が判明しました。

又、ガンも見つかれば、早く三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)で処置しないと、

たちまち増殖し死にます と言われて、脅かされて、気持ちの上で、尚且つ三大治療で

免疫力急低下、短期間に命を落とす人がたくさん出ています。

ガンと告げられると、一呼吸おいてよく考えましょう。原因を考えないで、対処的に医者に

任せると、大変な事が起こる可能性を否定できません。

医者の言う事を聞かないで、放置して長生きする人、開き直ってガンが消えた人、

笑いで治った人など、全て現代医学では証明できません。


あらゆる方法で免疫力を高めて、病院に行かない、医者にかからない事が、

長生きの秘訣ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

免疫力とガン

ガンの原因は生活習慣と云われています。

三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)を施しても治る事はありません。一時的に良くなったと

しても、時間と共に転移します。人の細胞は、正常細胞とガン細胞が共生しています。

共生しているガン細胞を、無理矢理三大治療で殺そうとしますと、ガンも死にたくないので

抵抗力が付くように遺伝子転換を行い、生き残りを図ります。

そして、転移という形で遺伝子転換を行ったガンが、より強力な形で表面化します。

ガンを患った人は、この様な形で病状が一段と悪化し、亡くなるのです。


免疫力から考えますと、第一にガンと宣告されますとすぐ死を想像するように、世の中で

常識として刷り込まれていることが問題なのです。原因が生活習慣病なので、ガンが発見

されても、すぐに死ぬわけではないのです。

医者に宣告されると、即、死をイメージさせる誤った考えの為に、まず気分が落ち込みます。

その為、免疫力が急低下します。そこへ三大治療をすると更に免疫力が低下します。

その様にして、世の中で健康診断などでガンが見つかり、医者の言う通り治療を受けて、

数週間や数ヶ月で突然に亡くなる事例が増えているのです。


ガンの原因は、生活習慣病による血液の汚れなので、食生活や生活習慣を改めて

免疫力を高めれば、治る可能性が高いのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR