FC2ブログ

酵素 ②

酵素は人体にとって最も重要ですが、食物から摂る上で最大の欠点は熱なのです。

加熱すると消えてしまいます。その為、酵素を摂る為には生と発酵食品を食べるのが

最も効果的です。


人が作り出す酵素たっぷりなのが、母乳なのです。生で酵素も生きています。

母乳を飲む赤ちゃんは、その為元気一杯なのです。一般的に牛乳はお薦めしないの

ですが、本来、生の牛乳は酵素が豊富なのですが、市販の牛乳は殺菌しているので、

酵素が死滅しています。そして、粉ミルクも熱を通していますので、酵素はゼロなのです。

母乳で育てた赤ちゃんと牛乳で育てた(牛乳は牛の赤ちゃんの飲み物で、人の赤ちゃんが

飲む物ではなく、まして人間の大人が飲む物ではありません。いろいろな問題があります。)

赤ちゃんでは2倍も病気になる確率が高いというデータもあります。


自然界の動物は、体の調子が悪くなると、何もせず、何も食べずに、じっとしています。

それは、食べない事により消化酵素の無駄使いを止め、酵素の力を体を治す為に

費やすからなのです。

消化酵素を代謝酵素に移し、免疫力や自然治癒力を高めて、病気を治すのです。

食欲が無くなるのもその為で、免疫力を高める一環なのです。風邪をひいた時なども、

酵素を摂れば、熱も下がり早く治ります。


免疫力・自然治癒力を高める為、生野菜・果物・発酵食品を多く摂りましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

酵素 ①

体内には消化酵素と代謝酵素があります。

消化酵素は、食物を消化して栄養を体に取り込む役目で、唾液に含まれる他、

腸内微生物が消化酵素を作り出します。一方、代謝酵素は、各細胞の形成、免疫力の強化、

運動や思考、人の生命活動の維持を行う酵素です。

体内の消化・代謝酵素が不足すると、栄養不足で体が弱ったり、免疫力や活力が下がり、

体の毒物が解毒されずに、神経やホルモンバランスが崩れます。その結果、体調が

悪くなり、病気を誘発します。

体内酵素を補うには、野菜・果物を多く摂り、味噌汁・納豆・漬物など、発酵食品を多く摂る

事です。そして、酵素は熱に弱いので出来る限り生の状態で食べる事です。特に野菜・果物を

生で食べるのがいいのです。

逆に酵素を大量に消費して悪い物は、大食をして消化酵素を使い過ぎる事です。

又、アルコール・添加物・保存料・薬(特に抗生物質は腸内微生物を殺し酵素を作れなくする)

動物性の食物などが酵素を大量消費し、免疫力を下げ、病気の原因となります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腸内細菌の意外な効用

世の中には太った人・やせた人・普通の人、いろいろいます。

そして、太った人の比率が多いのは、昔に比べて栄養状態がいい事もあって、

特に先進国にはその現象が多く見受けられます。

太った人が多くなるにつれ、健康産業・情報が世の中にあふれ、健康の為・やせる為に

どうしたらいいかと、議論が活発化し商品も溢れています。


勿論、食事制限・運動等も効果はありますが、体の中から食を中心に考えてみたいと

思います。まず、食べた物を栄養として吸収するのは、小腸なのです。小腸の中には、

善玉菌・日和見菌・悪玉菌が棲んでいます。これらの微生物菌は、生きる為にエサを

必要としますし、腸内フローラが善玉菌優位になると免疫力が上がり、体の調子も良く

なります。

小腸内の善玉菌は主に乳酸菌です。乳酸菌は主に何で作られるかと言いますと、

糖分(糖質・炭水化物など)と、塩分(ミネラルを多く含む自然塩)と、水に菌を入れ、

人の体温36.5℃で温めると、乳酸菌が活発化し増加します。

これを小腸の中で考えてみますと、栄養吸収の際、小腸の中に善玉菌(乳酸菌)が、

いっぱい生息(腸内細菌の環境が良い)していますと、菌が生きて行く為に、

先に炭水化物や糖質を食べてしまって、栄養として体に吸収されない為、

太っている人は痩せるのです。その為健康食品の中に乳酸菌摂取のコマーシャルが

多いのです。腸内環境の悪い太った人は、あまり食べなくても痩せないのは、

このような理由なのです。俗に、水を飲んでも太ると言われています。


太った人も腸内環境を整えると、細胞も活発化し、デトックスが進み、

正常な体型に戻ります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンの三大治療は死期を早める

ガンの早期発見・早期治療の掛け声の基に、ガン患者を無理矢理発見、作り出し、

多くの人がひどい目に遭っています。

それは官民挙げて営利目的の為に行われています。政府・官僚・病院関係者・薬・

医療関係者全てが、組織維持、利益の為に動いているのです。何故なら、ガンの原因を

特定せず、対症療法で悪い所(ガンの部分)だけに焦点を当て、切除・抗ガン剤(猛毒である)

放射線の三大治療を行います。このような事で治るハズが無いのです。治ったと思っても

数年で転移、再発、最後に体がガタガタになって、死となります。その間、途端の苦しみを

味わいながら生きる事になります。その間、べらぼうに高い治療費が、医療業界全体を

生き延びる為、支え続けるのです。

ガンを治せる病院なんかは、無いのです。逆に三大治療の荒療治(患者は苦しみの極致と

なる)をして、患者を死に追いやっています。


ガンの原因は 生活習慣からくる血液の汚れ なのです。だから生活習慣を改める、

特に食を改めて血液を浄化する事が重要なのです。そして、病気は自分で治す事を基本に、

自分自身の 自然治癒力=免疫力 を高めて行く事が大切です。

ガンの三大治療で、何故急に命を落とすのかは、三大治療全てが免疫力を急低下させる

医療行為の為だからです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

たんぱく質 ②

たんぱく質は誇大宣伝されている為に、我々はたんぱく質不足にならないように、

そして、動物肉を食べなければならないよう政府機関・食肉業界から、教育・洗脳されて

います。肉をたんぱく源と思わされているのです。この事がガン・心臓病・糖尿病・肥満など、

いろいろな病気を引き起こしています。これらは全て、肉食習慣と深い関係があります。


我々はたんぱく質不足を心配するのではなく、たんぱく質の過剰摂取を心配するべき

なのです。いろいろな病気が、偶然になるのではなく、遺伝や体質でもなく、本当の原因は

常日頃の食生活習慣にあるのです。


健康になるには、肉食習慣を改め、野菜中心の生活に改めるべきなのです。

例えば、信じられないでしょうが、たんぱく源としては肉よりバナナの方が優れています。

それ以外でも生野菜をたくさん摂れば、アミノ酸は十分に摂れます。

草食動物の牛や馬などは、草から十分な栄養を摂っているのが、一番いい例です。

野菜や果物など、土から芽を出して成長するものの中には、必ずアミノ酸が多く含まれて

います。  要は、たんぱく質ではなく、アミノ酸なのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

たんぱく質 ①

人に必要なたんぱく質のイメージとは、何でしょうか。

我々は常に洗脳されています。誰もがたんぱく質と聞いて、野菜や果物を連想する人は

いません。最初に思い浮かべるのは牛肉です。

何故なのでしょうか。 業界利益の為です。つまり商業利益主義の洗脳なのです。


食肉業界は、あらゆる機会を通じて、人々がたんぱく質といえば肉を連想するように、

宣伝をしているのです。特にテレビを使ってやっています。その結果、肉を摂らなければ

たんぱく質が不足するのではないかと、心配になるほどなのです。

現代人はたんぱく質を摂らなければ体がもたないという思いに取り付かれています。

それが肉だと信じ込まされています。肉を食べたところで、体の中で効率よくたんぱく質に

なるわけではありません。それらの動物性たんぱく質は、大変なエネルギーを消費して、

アミノ酸に分解し、人間のたんぱく質として合成しなければなりません。その様な消化の

構造になっています。

そして問題は、肉を加熱するとたんぱく質が変化して、アミノ酸が壊れてしまう事です。

その結果、いくら肉類を食べても肝心のアミノ酸が吸収できなくなってしまうのです。

その上に、人と同じ哺乳類はそれを食べると、異種たんぱく反応を起こし、アレルギーなど

引き起こし、最悪な状況となると、ガン誘発原因となるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

よく噛むメリット

よく噛む事により、唾液がいっぱい出て来て、消化酵素がたくさん分泌されます。

そうする事により、胃腸の負担が軽くなり、栄養分の吸収が促進されます。

逆になると、栄養分が十分に吸収されることなく、体の各所で問題が発生します。

そして、唾液にはホルモンが含まれており、これが促進されますと、若々しい体や

美しい肌を保つ事ができます。


昔から噛むのは脳に刺激を与えると言われています。赤ちゃんや子供は唾液(よだれ)を

いっぱい出していますが、これは元気な証拠です。更に唾液には殺菌力があり、私達の

体に薬として作用します。ケガをすると唾液を塗っておくと治ります。又、動物は舐めて

ケガを治します。

唾液は抗ガン作用もあると言われています。


この様に私達の体は唾液という体内薬を、毎日毎日作るように出来ており、

医者いらずと自然になっています。 しっかりとよく噛んで、唾液を十分に出し、

イキイキとした体を作りましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

インフルエンザと腸内環境

冬にインフルエンザにかかる人が増加します。しょっちゅうかかる人と全然かからない人が

います。予防接種をしている人もかかるし、しなくてもかからない人がいます。


腸内細菌は、善玉菌30%・日和見菌60%・悪玉菌10%です。悪玉菌が増加すると

日和見菌は悪玉菌化し、下痢や風邪を引き起こし、免疫力が低下します。

逆に、腸内環境を善玉菌優位にしますと、風邪をひかなくなり、免疫力アップ、慢性病の

改善につながります。

しかし、現代の生活環境は、防腐剤や殺菌剤が多く、全ての微生物菌を殺す事ばかりの

環境となっています。そして、毎日の食品も防腐剤をふんだんに使い、保存の効く食物

ばかりとなっています。その上、薬に頼る生活は(すぐ病院で薬を処方してもらう、

特に抗生物質)、体に棲む良性の微生物菌まで殺し、腸内環境を破壊しています。


医薬品の過剰摂取はもとより、コンビニに代表されるジャンクフードは避け、

無添加・無農薬・日本古来の発酵食品中心の食事環境を、再度、考える時に来ています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アトピー・食物アレルギー・花粉症

一般的にアレルギーは腸内環境と深い関係があります。

アレルギーのほとんどは乳酸菌を摂取し、腸内フローラを改善すると治ります。


アトピー・アレルギー・花粉症は全て同根で、皮膚の病気や呼吸器系の病気ではないので、

症状を押さえる薬を処方しても治らないのです。原因は体の中の汚れで、本当は血液の

汚れであり、病気なのです。血液がきれいになり、正常に循環するようになれば、免疫力が

上がり、必ず自然治癒力が働きます。

きれいな血液を造る為には、腸内フローラの改善が必要となります。

腸は人体最大の免疫器官であり、免疫細胞の70%以上が集中しています。

腸内環境が悪玉菌優位となると、様々な病気を引き起こします。ガン・肥満・認知症・うつ病・

アルツハイマーなども、腸内細菌が関係していると言われています。


    発酵食品を多く摂り、腸内環境を整える事で、

          アレルギー系の病気は自然と良くなるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

殺菌消毒・滅菌は何をもたらすか

最近の日本社会は、どこに行っても消毒薬が置かれ、全ての微生物菌を殺しています。

人にとって役立つ発酵菌も殺して、体に悪影響を及ぼしています。又、体に付着している

常在菌も殺して、体の抵抗力を落としています。その結果、いろいろな病気が蔓延しています。


体に付着している常在菌(乳酸菌)は、どんな殺菌剤より体を守ってくれています。

О157・サルモネラ・ボツリヌスなどの菌を、乳酸菌が貪欲(どんよく)に捕食します。

我々の体内に侵入した病原菌やウィルスを食べてしまう白血球も、貪食(どんしょく)細胞

マクロファージなのです。

乳酸菌を摂取すると白血球が元気になり、免疫力が高まり、病気の治りが速くなります。

だから、我々の先祖は漬物や納豆の発酵食品を食べ、乳酸菌を摂取してきたのです。

それが現代日本社会では、殺菌・滅菌・除菌・抗菌で消毒に一生懸命。

その結果、老人ホームや学校で感冒性胃腸炎・ノロウィルス・О157など爆発的に増加

しています。マスコミ・医療関係全般・殺菌社会の異常性を全く理解していません。


全ての現象は共存で成り立っています。

殺してばかりではその弊害が、あちらこちらに表れるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

殺菌・滅菌・消毒の危険

殺菌・滅菌・消毒は一見正しいように見えます。でもこの様に全ての菌を殺してしまうと

無菌状態となってしまいます。


良い微生物菌も悪い微生物菌も、程よくこの世の中で共生しています。それを殺して

しまうと、無菌状態の中へ病原菌やウィルスが繁殖すると(人にとって悪い菌を抑えている

良い菌もあるけれども)無菌状態の中で、悪い微生物菌が力を持つと一度にO157とか

ノロウィルスとかが大繁殖し、集団中毒症状となるのです。


最近、病院・介護施設で集団感染するのは、行き過ぎた殺菌・滅菌・除菌・抗菌で悪玉菌を

抑えていた善玉菌を殺す結果、そのバランスが崩れて、悪玉菌が大繁殖し、集団食中毒が

起こるのです。これは、殺菌文化が行き過ぎ、日本人全体の免疫力が低下した結果、

病気・感染症にかかりやすくなったのです。老人ホームでも感染性胃腸炎の患者が激増し、

老人がバタバタ死んでいます。子供もノロウィルスに簡単に感染してしまいます。


殺菌・滅菌が行き過ぎた結果、昔なかったO157とかノロウィルスとか、感染力が弱い病原菌に

かかる日本人がどれだけ増えた事か。この事に疑問を感じない洗脳された日本人が多いのは

どういうことなのか。

世の中は欺瞞が満ちています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

潰瘍性大腸炎

この大腸炎という症状は、ただの心配性なのです。健康診断で"大腸炎の症状がある"と、

医者に言われると、もっと心配して、大腸炎症状が悪化すると言われます。

これは、ただのストレスなのです。医療機関は病人がいなくなると経営が成り立たなく

なるので、疑わしい症状にはいろいろな病名をつけて、検査薬漬けにします。

薬には副作用があり、一つの症状を押さえても、また次の症状が出て、対処療法で

次の薬を出します。それを繰り返して医者は金儲けをして、患者はいろいろな薬を

飲み続け、体がガタガタになり、最悪は死につながり、大変なことになります。


そういう迷路に入ることなく、人の本来の免疫力(自然治癒力)を高めて、体を正常な形に

戻すべきなのです。結局のところ、免疫力を高める以外に方法はないのです。

そして、免疫力の70%以上を占めるのが腸なのです。潰瘍性大腸炎は食生活の改善と

気持ちの持ち方を変えれば、大した病気ではないのです。


食生活を見直し、生活習慣の改善をし、腸内フローラが善玉菌中心の発酵状態になれば、

免疫力が高まり、健康で長生きできる人間らしい生活が出来るのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR