病気と健康

病気の存在は、苦しみを通して自然と調和している状態で、本人の不自然な生活の

裏返しが病気といえます。常に世の中は何でも プラスマイナス ゼロ で自然の摂理が

働いています。要するに間違った生活(自然からかけ離れている)をしていたら病気になり、

正しい生活をしていたら健康であるという事です。


今の現代人の生活は自然から遠く離れ、何事も人工的に作られたものが多すぎます。

食物から始まり、何事も自然を破壊しているので、その反動が来ています。添加物・

化学物質・電磁波・医療全般・建築物などなど、いろいろな不自然な物の毒に囲まれています。

例えば肉食。動物達がもがき苦しみ、大量に犠牲になっています。食品にしても口当たりの

良い添加物いっぱいの品が、人間たちの為、金儲けの為に大量に販売されています。

そんな社会が、自然と調和された社会と言えるでしょうか。不自然さばかりの世の中です。

その様な不自然さを正せば健康になります。自然というのは、非常にシンプルで、

それを人々は、欲の為勝手に複雑化し、文化が進んだと勘違いしています。


健康とは自然と調和した状態で、且つ、心身のバランスが整った状態です。

自然との調和とは何かを考え、単純に素直に生活スタイルを考えてみましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

がん定期検査のリスク

がんの早期発見・早期治療のもと、昨日まで元気だったのに検診でがんが発見され、

三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)という対処療法を施され、あっという間に亡くなる

(数ヶ月)人が周りにたくさんいます。

数年生存をした人でも三大治療で体がボロボロになり、苦しみながら死んでいった人が

多数います。特に高齢の人は元々体力が落ちているので、この傾向が顕著です。

こんな状態の今のがん治療は、治療ではありません。原因を定かにしないで、がんを

やっつける事ばかりでは再発を繰り返し、最後は死に至ります。


がんは毎日毎日5000~10000個、体に出来ています。それは端的に言うと、

体の毒素なので、これを毎日取り除いて人は健康を保っています。それをやっつけたところで

何の解決にもならないどころか、三大治療の為に体の免疫力が急低下し、死に至ることが

頻繁に起こるのです。原因は生活習慣病なので、生活スタイル全般を改める事が大切で、

全ての面において、自然治癒力を高める事が最重要なのです。くれぐれもがんの定期健診は

気を付けて、医者の発信する情報には疑いの目をもって対処しましょう。

そして、生活スタイル全般を考え直して、自然に免疫力を高めましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食に対する欲と過食が病気の原因 ②

食の乱れが精神病患者を生み出し、モラルの低下や犯罪を引き起こします。

食に対する欲や過食を慎み、日本古来の食事、穀物・菜食に切り替えると、精神病・

うつ病などは間違いなく治ります。精神病患者に対症療法的に薬や治療を施しても、

一時的に苦痛を和らげる事は出来ても、根本的な治療にはなりません。

うつ病などに苦しむ人は、直ちに食を律し、精神の回復を計る必要があります。

最近になって日本食が世界で見直され、世界遺産に登録されました。我々もこの事に

早く気付き、食を直す必要があります。政府も和食中心の食事を推奨すべきなのですが、

食品業界・米国から農産物(特に肉類)の輸出圧力など、金儲けが優先し、牛乳製品・

肉食など、人体に悪影響を及ぼすものが媒体を通じて推奨されています。

その結果、正常な食は行われず、食品会社は人の食品に対する欲ばかり刺激して、

商業資本主義が健康を害しています。そして、人々は精神の異常をきたし、モラルの低下・

犯罪が頻発。 世の中は乱れに乱れています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食に対する欲と過食が病気の原因 ①

いろいろな物を食べたい。美味しい物を食べたい。それも腹いっぱい食べたい。

全て食に対する欲なのです。しかし、この事が病気の遠因となります。


日本人の食は、本来、穀物と野菜・小魚などが中心であったのですが、戦後の欧米の

影響で、肉食・パン食中心、又、世界各国の食を食するようになり(一般的に美味しい物を

食べるのが文化と思っている人が多い)過剰摂取された栄養が、心身に悪影響を及ぼす

のは当たり前で、内臓は疲弊し、生活習慣病が蔓延する原因となっています。

先進国と言われる欧米では、肉や食物の過食で肥満が拡がり、食が原因で精神異常者の

数が年々増加して、モラルの低下や犯罪が増えています。日本も欧米の影響を受け、

このような現象があちらこちらに表れています。

そして肉類には男性ホルモンが多く含まれ、肉の多食で最近の女性は昔に比べ、荒々しくなり、

女性の男性化を引き起こしています。日本社会のモラルの低下や犯罪は、食を正さないで

対処療法的に、教育とか政治とか法律の力では、根本的な解決にはならないのです。

正に、食育こそ大切なのです。人の体は食によってできているのです。

人を良くすると書いて、食と書くのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

西洋医学と健康保険制度

日本の健康保険制度は世界一で、長寿命を支えていると言われています。

これは、ほとんどの病気は西洋医学とリンクし、医療業界全般を支えています。

勿論、役所もその中に加わり、制度を作っています。長所としては、西洋医学の長所、

緊急医療(ケガとか急に命が危険な病気など)に関しては効果がありますが、

全体の病気のほとんどは、西洋医学の対症療法に効果はありません。

金儲けの為に医者は、高額な診療報酬となる検査と薬の組み合わせのみを考えます。

そして患者から状況を聞き、病名を付ける事だけで、その原因は全然考えないのです。

検査をして胃にガンができていると胃ガン、血糖値が高いと糖尿病、尿酸値が高いと痛風、

高血圧病などなど。症状に基づき、医者が処方する薬は対症療法で、症状を押さえるだけで、

何の根本的解決になりません。恒常的に薬を飲みなさいと指導するので、医療収入が永遠に

続くので、こんな業界にとって楽な商売はありません。原因を特定し投薬して早く治したら、

収入は減るし、その様にしても健康保険制度に組み込まれていないので、医者は病気の

原因を調べて治す医療は、一切しません。、

最も劣悪なのは、ガンの治療でガンになった原因を全く考えないで、対症療法の三大治療

(手術・放射線・抗ガン剤)を行うと、患者は免疫力が急低下し、体が弱ってしまい、終いには

簡単に死亡してしまいます。そして、その治療費の高い事。病院は月に数百万円の収入に

なります。それが役所と健康保険制度、そして医薬品業界の利権となっています。

その罠に陥らないよう、よくよく考えましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

天皇陛下と日本 ②

その後日本は、第一次世界大戦で連合国側に立ち、勝利を治め、世界の五大強国までに

なりました。そして世界連盟で、人種平等を求め提案したのですが、当時米国が黒人奴隷を

たくさん使っていた為、この提案、賛成多数であったにもかかわらず、米国の国際連盟の

議長であったウィルソンに葬られました。その頃から日本をこのままの状態で放置しておくと

欧米列強の植民地主義が崩壊するとの危機感から、日本いじめが始まったのです。

それが米国による日本人移民の排斥運動から始まり、ABCD包囲網、この時も日露戦争の

時と同じ彼らの奴隷になるよりも、敗ける事がわかっていても米国に一矢報い、日本人の魂を

見せつけていれば、必ずや、その心意気で子孫は立ち直るであろうとの精神で、最後まで

戦い続けたのでした。

大東亜戦争(敗れたので勝手に米国が太平洋戦争と洗脳している)も終わりの頃、

戦況も悪化し、もはや敗戦か奴隷か、選択がない絶体絶命の中で日本人は、奴隷を

選択する民族ではなく、神風特別攻撃隊を編成し、最後まで戦い続けたのです。

そして初戦で米国以外の英国・オランダ・仏をコテンパンにやっつけた結果、それを見た

アジア地域の国々は奮起したのでした。その結果、日本は敗けたけれども、強引な

欧米諸国による世界支配を阻止し、アジア・アフリカ地域の植民地政策にピリオドを打ち

結果的に戦後の有色人種の白人からの独立となったのです。日本を批判しているのは、

中国と韓国だけで、他の東南アジア・インド・インドネシアにおいては教科書に、私が今迄

書いてきたことが書かれています。何故かよくわかりませんが、日本の政府はこの事を

知らしめようとしません。東南アジア・インド・インドネシアの人達が、先の大東亜戦争の結果、

日本にどれだけ感謝しているか、計り知れないものがあります。

詰まるところ、日本に天皇陛下がおられたからこそ、欧米列強の植民地に、日本がならな

かったのです。今迄教えられた歴史の全く違った側面が見えてきます。

医療・健康と同じく、世の中には嘘がいっぱいなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

天皇陛下と日本 ①

明治維新から敗戦(1945年)を、よくよく考えてみましょう。

明治維新の前、江戸時代の終わりの頃の世界情勢はどうだったのでしょうか。

インド、インドシナ、インドネシア、中国(英国からのアヘン戦争でほとんどが植民地状態、

中国以外は200年から350年の欧米列強の奴隷植民地状態)、そして東アジア、

極東の日本が植民地になる寸前だったのです。その日本民族の恐怖心たるや、想像を

絶するものだったのです。日本国内は、薩長は英側、幕府は仏側で、正に国内は戦乱状態、

それに乗じて、英・仏で日本を植民地にする寸前だったのです。

日本に長らく続く天皇陛下がおられた結果、西郷隆盛(薩長側、英が後ろ盾)と勝海舟

(幕府側、仏が後ろ盾)が手打ちをし、この日本を、天皇陛下がおられる日本を、戦乱状態に

してはいけない という事で一つになり、英・仏の野望を粉砕したのでした。その結果、

独立を守ったのです。

明治維新政府が発足してもまだまだ弱体で、北からはロシアが朝鮮半島を狙っていました。

その時も、まさか大帝国のロシアと戦うとも思ってないし、世界も日本が敗けると思って

いました。この時も日本は、植民地となり、奴隷になって辱められるより、例え敗けても

一矢を報いる武士道精神を持っていました。その結果、世界があっと驚く勝利となった

のです。(続く)


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コンビニ弁当は食品添加物のデパート

コンビニ弁当のご飯は、まず防腐剤が大量に散布されます。業者・店にとっては、食中毒が

一番怖く、食べる人の健康なんて考えていません。

次に、ご飯にツヤ出しスプレーがかけられ、見た目を良くします。

最後に、容器。表面の透明なシートにくっつかないように、油のようなものを塗ります。

この様にすると、見た目も良く、防腐剤(亜硝酸ナトリウムや次亜塩素酸ナトリウムなどで

中毒症状や発ガン性がある)の為、一週間は腐りません。

コンビニ工場で働いた人達は、絶対に食べません。福岡県でコンビニ弁当の残りを

養豚場で豚に与えた結果、奇形の豚が生まれたり、死産、親豚の病気が大量発生

した記事が新聞に掲載されていました。

コンビニ弁当に使われている原材料も不明で、例えば、魚市場で売れ残った魚

(中に奇形魚もいる)を業者が大量に買って行きます。他にも中国産の怪しい原料も

使っています。人の健康など全く考えない、儲ける為には何でもします。

そして、使われている食品添加物は二十種類以上とも言われ、発ガン性や中毒性のある

物質が多く含まれています。

最近、小学校や幼稚園で、落ち着きがなく動き回る子が増えています。これらの

多動性症候群は、食品添加物の着色料(赤色・青色・黄色何号とか言われるもの)で

起きると言われています。自然の食物をこの子らに与えると、数週間で治るそうです。

コンビニ弁当を美味しいと思って食べる人は、食品添加物に汚染されています。

食品の商業主義は、人の健康とは相いれません。手軽で簡単、そして安いの裏には、

健康にとって、とんでもない現実があるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

危険な回転寿司 ②

通常の回転寿司は、外国産の寿司ネタを解凍して、酢飯に貼り付けるだけの店が、

ほとんどです。どんな魚が使われ、どの様に加工されたか、全くわかりません。

確かに旨味成分を施した回転寿司は、口当たりも良く、おいしく感じられるのかも

わかりませんが、それは本当の素材ではなく、添加物の味なのです。化学調味料の

味なのです。

回転寿司はネタがウソばっかりなのです。アフリカ産のティラピアを鯛といい、エンガワは

ヒラメでなく安価なカレイやオヒョウ、見た目は似ているから客は気付かないのです。

マダイはアフリカ産のキンググリップ。スズキはナイルのナイルパーチなど。

安ければ良いとする考え方、正に商業利益主義。日本人のモラルとして最低の事が

起こっています。

とにかく安い物には裏があります。普通に考えて、回転寿司が安いのはおかしいのです。

法律の網をかいくぐって儲ける為には人は何でもするのです。

日本社会が劣化して、やる事なす事無責任で、異常な社会となっています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

危険な回転寿司 ①

安い物には問題があります。商売としてやっている限り、儲けなければなりません。

ギリギリのところで安い食材を使い、なりすまし食材を使います。

鯛はアフリカ産ティラピア、アワビはロコ貝、ネギトロはビンチョウマグロ・メジマグロ・

キハダの捨てられる部分で作られており、色が変わりやすいので見た目を保つ為の添加物、

腐らない為の酸化防止剤、あらゆるものを使って、売る為には何でもします。

中でもアナゴ・ウニは最悪。アナゴは冷凍ものを解凍して、煮て味付けし、又、冷凍して

出荷します。その為にアナゴの脂が酸化して、どうにも不味く、食べられません。

ウニも最悪。ケミカルで薬品の味がします。腐りにくくする為に、酸化防止剤

(硫酸アルミニウムの化合物 = ミョウバン) を使うので、見た目には良くてもミョウバンの

味がして気持ち悪い。カビキラーと同じです。

ガリは、タダな上、目の前にあるので、ついつい食べてしまいます。ガリは着色料や保存料が

いっぱい入っています。その上、養殖物(ハマチ・サーモンなど)は、死んだらお金にならない

ので、エサに抗生物質・防カビ剤・着香料がいっぱい入っています。

食品添加物は、合成と自然があります。合成は化学物質で分子も細かく、人体で処理

できないのです。体の中に残って、悪さをします。

添加物の無い自然な物を食べて、健康を取り戻しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

健康の敵 山崎製パン

戦後、米国が小麦を日本に売る為、米食をパンに変えました。要は、日本人の食事を

コメから小麦に変え、米国穀物メジャーの金儲けの為、日本の食品会社と結託してパンの

普及を強制しました。その結果が日本人の健康を著しく悪化させたのです。


どうして山崎の食パンは一ヶ月経ってもカビが生えないのでしょうか。家で作ったパンは

三日目にはカビが生えます。何故なら自然で生きているからなのです。

山崎製パンに使われる発がん物質 臭素酸カリウムは、パン生地の改良材として用いられ

ましたが、イギリス・ドイツ・カナダ・米国では食品への使用は禁止されています。

臭素酸カリウムはパン生地に添加すると小麦粉のたんぱく質に作用し、膨らみや食感が

向上します。WHOにおいて "小麦粉の処理剤としての臭素酸カリウムの使用はダメ" の

報告があります。山崎パンのランチパックには、人の食を刺激する為に臭素酸カリウムを

使用し、多量の添加剤で人の欲望をかきたてて、大量に売ろうとしています。

ガン患者の中に山崎パンを食べている人が多いそうです。

山崎製パン加工食品の危険性をよく考え、気を付けましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

再度 牛乳の危険を考える

牛乳は自然に考えて、牛の子供の為にあるもので、人の為にあるものではありません。

その不自然さ故に、人体に多大な悪影響を及ぼします。


日本で牛乳が日常的に飲まれるようになったのは、戦後、米国の統治による事と食糧難が

原因となっています。そこに米国の畜産酪農、日本の食品会社、厚生省が結託し金儲けの為

日本の食を変えてしまいました。その結果、今迄になかった病気・消化器系・アレルギー系・

動脈硬化・すべてのガン・骨粗しょう症・抑うつなど、多くの病気を引き起こしています。

本家本元の米国では、皮肉にも牛乳を乳幼児に飲ませればアレルギー体質の子供を

作りかねないと、肉類・牛乳・乳製品の摂取を控えるように呼びかけています。


牛乳をたくさん飲んでカルシウムを摂っているつもりでも、牛乳に含まれるリンが

リン酸カルシウムを体内で造る為、それまで体内にあったカルシウムと化合して、

骨からカルシウムが溶け出してしまい、骨粗しょう症の原因となっています。

その為、日本人より欧米人の方が骨粗しょう症が多いのです。


戦後、学校給食に牛乳が導入されるようになり、コメはパンに、味噌汁は牛乳に、ソバは

代わりにパスタとなりました。その結果、骨粗しょう症患者は増え、子供たちはカルシウム

不足で、イライラし落ち着きが無く、日本人に縁が無かった大腸・直腸ガンが増えています。

米国の経済的商業主義に日本の伝統食が破壊され、日本人の健康も極限状態となって

います。最近になって日本の和食が世界無形文化遺産となり、世界的に注目を浴びています。

再度、我々の食文化を見直す時期が来ています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR