FC2ブログ

コールドウェル先生のガン治療法 ①

90%以上のガンは数週間で完治します。ガンを治すのに対処療法の手術・放射線・

抗ガン剤は効果もなく、逆に患者を苦しめ死を早めます。しかしながらこの様な治療を

際限なく続け、人々を病気にして殺害しながら、医療関係者は利権を守っています。

彼は言います。

医者としての経験からどの種類のガンも2週間から16週間で完治します。直ぐに治る

ガンもあります。20年以上の経験を積んだ医師は誰でも、ガンが一瞬のうちに治るケースを

知っています。ガンを治すには体のデトックス(解毒)と体をアルカリ性に保つ事です。

そして緑黄色野菜に含まれるクロロフィルの効果で酸素を多く取り入れる事です。

体をアルカリ性に保つには、微量元素ミネラル(主に自然塩に含まれる)を摂取する事が

効果的です。これで数週間でガンは消えてしまいます。

ガンを治すには体をアルカリ性に保ち、自然治癒力を高める事です。それには野菜や

果物中心の菜食を、出来る限り未加工で食べる事を心掛ける事です。

そして一日に 自然海塩小さじ1/2(4グラム)を 自然の水4リットルに溶かし 飲用します。

それにより塩(ミネラル)の力で解毒するのです。 (続く)


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ガンの原因は

昔に比べて何故ガンが増えたのでしょうか。生活習慣病と言われています。

西洋医学の三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)の対処療法では、治るハズがないのです。

何度も何度も書いていますが、原因が生活習慣である限り、それを改めない限り、再発を

繰り返し、徐々に体力を落とし、もがき苦しみながら死んで行くのです。

その過程で、医療マフィア(医薬・病院・保険・厚労省など)はどれだけ儲けているか。

医者は最も不健康で邪悪な人達です。生活習慣を治す指導をしても一円の儲けにも

ならないので、例え効果が無いとわかっていても、良心に恥じながら三大治療を続けて、

医療関係マフィアの人達は他の国民より格段にいい生活をしているのです。

患者を騙して、金儲けになる効かない治療をして、医療関係の組織と自分たちの生活を

守っているのです。本当に恥知らずで最低の人達です。医は仁術はどこへ行ってしまった

のでしょうか。医は算術になっています。

ガンが増えたのは生活習慣が変わったからですが、どのように変わったのでしょうか。

昔の日本人は野菜や魚中心の食生活をしていましたが、今の若者は肉と炭水化物を

食べています。これでは健康的な生活は送れません。仕事でストレスを溜め、うつ病になる

のも食生活に問題があるからです。そこを治さない限り、健康を取り戻せないのです。

特にガン、そこの所が大変重要です。  医者にかかる時は十分注意しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガン治療の真実

日本の病気で死亡率の高いのはガンです。二人に一人と言われています。

特に昔に比べれば、若い人がガンにかかる比率が高まっています。

そして裏側を考えてみますと、医療・医薬品・保険業界は、ガン患者が増えれば増えるほど

儲かる構造になっています。世間は人々の命を守る事や幸せにする事よりも、自分だけ得を

して儲ける事ばかり考える人達で、溢れかえっています。ガン患者の周りには、薄汚い

利益団体が巣くっています。

現在のガン三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)が体を基から治すのではなく、

いかに利益優先で体に危険なものであるか、よくよく考える必要があります。


自然(水・空気・海・川など)を汚染し、食物には発ガン性の添加物をたくさん使い、

見た目と味に対して、人々の欲を刺激した劣悪な食品が、溢れかえっています。

その為多くの人がガンにかかっています。そのうえ、現在のガン治療法は患者を治す為では

なく、患者を苦しませ、しばらくの間患者のガン治療で儲けながら(抗ガン剤でも1グラム

200万円以上するものがある)徐々に死亡させるのです。中にはごく稀に治る人もいますが、

常にガンの再発を恐れながら、ガンを繰り返し、最後には死に至ります。

今の治療法は体の免疫力や抵抗力を衰えさせてしまいますので、徐々に自然治癒力が

弱くなり、最後には死んでしまいます。

それでもあなたは今のガンの三大治療を信じて、受けたいと思いますか?


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

幸せホルモン・セロトニン

三大神経物質とは、ノルアドレナリン・ドーパミン・セロトニンです。

ノルアドレナリンは過剰になると、攻撃的になったりヒステリーを起こしたりします。

逆にドーパミンは、喜びや快楽をもたらします。過剰になると快楽や欲を求め、

過食・ギャンブル・アルコール依存症となります。

現代社会ではノルアドレナリン・ドーパミンを過剰反応。それを中立に適度な状態を保ち、

精神安定を計るのがセロトニンなのです。その為セロトニン不足になると、イライラ・

慢性疲労・血行不良・冷え性・頭痛・消化不良などによるストレス症候群になってしまいます。

セロトニンは女性ホルモンとも連動して、体調を大きく左右します。セロトニンは脳で作られて

いると思われていますが、本当は腸で90%以上作られています。脳では数%しか作られて

いません。その為、腸が脳ではなく体全体の自律神経を司っています。

だから精神状態を正常に保つ為には、腸管力を高める必要があります。

今迄に何度も書いていますが、心身共に健康を保つには、腸が本当に大切なのです。

腸管力を高めるには、過去ログを参照して戴ければと思います。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腸の若返りの為に

50代を過ぎると腸が急激に老化し、いろいろな病気を引き起こします。腸を若返らす為には、

どうしたらいいのでしょうか。

腸だけでなく、体全体の免疫力を下げるものに活性酸素があります。活性酸素はストレスや

タバコ・添加物等で発生します。これを防ぐには、野菜・果物等、なま物を摂る事で防げます。


腸が老化すると、腸内は悪玉菌優位となり大量のガスが発生します。お腹が張って苦しい、

ガスがよく出る方は腸の老化が進んでいます。運動をよくして、ガスが溜まらないように

しましょう。

そして食事のメリハリも大切。食べる前の空腹感が強いほど効果大です。

一日三食、食べなければの強迫観念。お腹が空いた時だけ食べればいいのです。

空腹時以外に食べると、腸に負担をかけるだけで、腸の老化を促進します。


他には、食べ物では食物繊維、特に不溶性食物繊維は便のカサを増やして、腸内を掃除し、

腸内細菌を活性化します。更に、食前に食べれば糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇

スピードを緩やかにする効果があります。又、水溶性食物繊維は腸の汚れを取って

きれいにします。

この様に植物中心の食事をすると、腸が若返り、免疫力も高まり、健康になります。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腸の老化

腸は栄養吸収する為、生まれてから死ぬまで働き、最も老化しやすい器官です。

20代を過ぎれば善玉菌が減少し始め、50代を過ぎると急激に減少します。その結果、

腸全体がもろく硬くなり、機能が大幅に低下します。そして慢性的な便秘や下痢となり、

免疫力の急低下を引き起こします。特に、便秘は厄介で、長い間、便が滞留した結果、

腐敗した便から発生した毒素が血液中に流れると、血栓ができます。すると血流が滞り、

脳の毛細血管が詰まれば認知症に、太い血管が詰まれば、脳卒中や心筋梗塞を

発症します。一命を取り止めたとしても後遺症が残り、大変苦しい思いをします。

又、腸とは関係ないと思われますが、腸の吸収機能が落ちるとカルシウムが吸収されなく

なり、骨がスポンジのようにスカスカになり、骨粗しょう症となり骨折を引き起こします。

この様に腸は、免疫・解毒・消化・吸収を担う重要な器官ですので、腸の老化が全身の

臓器に、多大な影響を与えるのです。



50代を過ぎると、腸が急激に老化し、様々な病気を引き起こします。

生活習慣を改め、腸の若返りに努めましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

病院信仰の危うさ

現代の医療は、西洋医学一辺倒の仕組みで国民は洗脳され、役所・医療業界が一体となり

利権を作り、ただの金儲けの医療となっています。救急医療に関してはもちろん役立って

いるのですが、ガンや難病などの生活習慣による慢性病には全く無力で、病気は増加の

一途をたどっています。

我々は病院へ行けば治ると信じ込まされ、知らないうちに医療利権の犠牲になっています。

そして、その病院の医療行為(クスリ・手術など)で、逆に病気が作られている事実が、

たくさんあり、我々はその事に気付いていません。そしてそれは医原病と言われています。

例えば、北海道の夕張市は財政破綻し、市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた結果、

老人ばかりが多いので大変だと思われたのですが、結果は全く逆で、死亡率がそれ以前より

下がったと言われています。人々が病院へ行かなくなり、自分で健康管理するようになり、

放置した方が病人が減ったと、正に、パラッドクスが起きています。病気が病院で作られる

という皮肉な事になっています。

その他、ロスやイスラエルなどで病院関係のストが起きた時も同様に、死亡率が減少した例が

報告されています。キューバでも経済危機を向かえた時に、食料自給率を高めた結果、

病気が減り、医療費が極端に減ったのです。これらを考えただけでも病気の原因は、

食や環境に問題がある事がわかります。


現代の医療制度を見直し、食や環境・健康意識を変える事で、病気・病院と無縁の生活を

送る事が出来るのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンの余命宣告

ガンが発見されると家族が呼ばれて、あと3ヶ月とか半年・一年という、医者から宣告される

場合があります。医者は本当にどんな理由でそう宣告するのでしょうか。

彼等はガンの三大治療がまず頭にあり、それを施したデータを基に、そう発言しています。

いわゆる手術・放射線治療・抗ガン剤です。病院ではガン患者を何もしないで放置した時の

データは、持ち合わせていません。放置した事は無いですし、治療の名目の為に三大治療

を行います。この様な病院でのガンの三大治療を行わなけば、本当はもっと長く生きられる

のです。本当のガンの原因は、肉食・食品添加物・農薬・タバコ等が理由なのです。

日本食、特に発酵食品を摂る人が減った結果、ガン患者が増えたことは、はっきりと

わかっています。その上、対処療法の三大治療で免疫力の急低下が起こり、死亡する患者

が急増しています。何の効果もありません。


自分の命を守るのは、結局、自分しかありません。西洋医学の対処療法に頼ることなく、

自分で考え、勉強した知識と実行力で、正しい治療方法を見つけ出しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

病気は体から発するサイン

西洋医学は救命救急治療・外科・伝染病・感染症・各種検査・数値の活用が中心で、

慢性病には全く効果なく、急性疾患・対処療法が得意分野なのです。

逆に東洋医学の漢方薬は即効性はないが、対処ではなく根本から体を治す優しい物で、

鍼や指圧や灸も同じです。


近年、西洋医学の限界があちらこちらで出ています。若い研修医の方で2年間で15人の

ガン患者を担当しましたが、"どんなに治療しても病気がよくならない。治るどころか

強い抗ガン剤を使った結果、あっという間に亡くなって、生還率ゼロ。大きな大きな挫折

でした。" とのつぶやきがありました。

これなどは西洋医学の対処療法の典型的な例です。原因を定かにしないで、いろいろな

治療をして、病人の免疫力を低下させ、結果、死に追いやっているのです。

ガンなどは生活習慣病なので、西洋医学の対処療法では絶対に治りません。

なぜなら原因がわからない状態で治療しているからです。原因がわからないので

対処療法しか手が無いのです。腰痛なら湿布薬、血圧が高いなら降圧剤、痛風なら

尿酸値を下げる薬、心臓病なら血液をサラサラにする薬など、原因とは関係なく

少しでも症状が軽くなれば良いという事で、一生懸命飲んでも、一生治る事はありません。


病気になったのは、体が発するサイン。その根本原因である生活習慣・生活スタイルを

改めない限り、完治する事は無いのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR