FC2ブログ

西洋医学と抗生物質

現代の医学は偏った考え方で構成されています。病気は菌が原因と決めつけて、抗生物質で

その菌を殺せば治ると考えられています。確かに一時的には効いたり、死など非常時には

使わざるを得ない時はあります。しかし、病気の原因は菌じゃなく、菌が取り付きやすい

抵抗力の無い体が問題なのです。

あらゆる菌がこの世の中に溢れています。そして病気にかかる人とかからない人がいます。

風邪もそうですが、抵抗力の無い人は直ぐに風邪をひきます。現代医学は菌さえ叩けば

病気は治るという考え方が主流で、抗生物質投与が大流行りです。何かあれば

すぐに抗生物質を使います。その為、耐性菌が増え、逆に違う悪循環が起きています。


世の中は滅菌主義で無菌状態の中に、0157とかノロウィルスとかが無菌の中に取り付き

病院とか介護施設で逆に大流行しています。

要は、食事を中心に見直し、身体に免疫力を付ける事が大切で、欧米での疾病対策は

対処治療ではなく、予防へと大きくシフトしています。日本以外の先進国では健康政策の

中心となっています。

日本もそろそろ考え方を変える時期に来ています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

伝統的な日本食とガン

現代医学では対処療法が多く、根本的治療には程遠い状況です。

ガンをはじめとする慢性病は、患者の生活習慣を改善する事が大切で、現代医学では

治す事は不可能なのです。何故なら、単純に自然に生活習慣病だからです。

ギリシャの哲学者 ヒポクラテスが言っている通りで、自分の体は自分で治す事が肝要です。

生活スタイルを変えるという事は、いろいろなファクターがありますが、その中で一番重要

なのが食事です。何故なら、身体は食事で造られているからです。


最近になって国連でも認められるようになったのが日本食です。そして理想的な日本食は、

玄米を主食とした季節の野菜や海藻と小さな魚、そして発酵食品の味噌汁と漬物です。

何故玄米かと言うと、精白米は胚芽に含まれるビタミン・酵素・ミネラル・食物繊維など、

身体にとって貴重で重要な栄養素がなくなってしまっているからなのです。

江戸時代や明治期の海軍でも多発した脚気は、白米を摂るようになって多発しています。

いずれにしろ栄養的に優れている玄米を中心とした日本食は、世界から注目されていますし、

生活習慣病の代表でもあるガンも、食物を変える事により治る可能性が高いのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食物とガン

ほとんどの生活習慣病・慢性病は、食原病で手術や薬では治りません。食事の内容を

改善する必要があります。

動物性食品を減らす。つまり高カロリー・高脂肪の食品、肉・卵・乳製品などを減らして、

出来るだけ自然で精製していない穀物・野菜・果物を多く摂るようにすべきなのです。

そして添加物の入った不自然な食品や加工物を避ける事です。

現在最大の生活習慣病の代表はガンです。動物性たんぱく質の摂取量が増えると、

乳ガン・子宮ガン・前立腺ガン・直腸ガン・すい臓がん・胃ガンなど、生殖系・消化器系の

ガンの発生率が高まります。そして現在の西洋的食事とガンの関係は、日本人の食事の

西洋化が大きな影響を及ぼしています。

戦後の日本人の食事の変遷が、ガンとの相関関係を表しています。そしてガンは対処療法の

現代西洋医学では治す事が出来ないのは、食の指導はほとんどその学問の中には無い

のです。もちろんその様な事をしても健康保険制度を含めて、医療業界全体で利益に

ならないのです。

ガンの多くの原因は食事にありますので、そこの所を抑えれば治る可能性があるのです。

体の大部分は、胃腸は5日、皮膚28日、肝臓60日、血液120日、骨2~3年で細胞が

新しくなります。食物を変え、生活習慣を変えると、ガンは2週間から6ケ月で消滅する可能性が

あるのです。医療業界・マスコミ・政府からの、ガンと死の恐怖の洗脳から逃れられない為、

ガンが短期に治るという事がなかなか理解されず、病院に行き、命を落としている人が

どれだけ多い事か。 想像を絶する状態が起こっています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本の食文化と西洋医学の問題点

生活習慣病や難病は、肉食中心の誤った食生活が原因の食原病です。

肉食中心の食生活では健康維持が出来ないし、今の西洋医学では病気を治せません。

体は食で造られているので、当然の事なのです。肉食は(それ自体が腐ると臭い)体を腐敗

させ、穀菜食は体を発酵させます。食べた後の便の臭いでわかります。

腐敗されると(腸内フローラの悪化)その毒が小腸から吸収され、血液にのり、全身に回り、

病気がつくられます。


西洋医学が生活習慣病や難病を治せないのは、常に部分治療・対処療法を行っているから

なので、根本原因を追い求めていないからなのです。原因を追って行くと、最後は食に

行き着きます。

世の現象面から見てみますと、大変なお金をかけて医療がこれだけ進んだと言われて

いるのに、医療費は増大、病人は増えるばかりなのです。何かおかしいのではないでしょうか。

このシンプルな事を主張すれば、業界で利益をあげ生活している人達から多くの反発を

受けます。

西洋医学では、生活習慣病を治せないと言えば、医学・医療業界から肉食は畜産産業から、

多くの添加物が含まれ体に悪影響を及ぼすと言えば、食品業界から商売にならないので

反発となります。

結局、現在の資本主義と種々の人の欲が、食事を全くひどくて不自然な物にし、その食生活が

ガン・脳・心臓病・糖尿病などの現代病を生んでいるのです。

食について考え直す時が来ています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腸内フローラと発酵食品

最近、マスコミでも腸内フローラの重要性が指摘されるようになって来ました。

インフルエンザや風邪・ガン・難病・精神病など、様々な病気との関連が腸にあると

言われています。本ブログでもその事を、例を挙げながら書いています。

そして食との絡みで言えば、日本の食卓から発酵食品が消えた事が、病気の原因と

言われています。

発酵食品は腸管力を高め、善玉菌を増やし、酵素を増やし、免疫力を増強します。

それも自家製の発酵食品が最も強力なのです。市販の発酵食品は保存と殺菌の為、

熱処理で発酵菌が死滅してしまっているものがほとんどです。漬物のほとんどが

発酵食品まがいです。そしてヨーグルトも菌類の活性が衰えてしまった物ばかりです。

だから、あまり身体にとって効果はありません。それはメーカーにとってしょうがない面も

あります。大量に作って見映えが良く、添加物で味を付け、そして保存料を使い滅菌しないと

(食中毒を起こし大変な事になる)売れないからです。発酵食品が市場流通食品となってから

私達の口に入る段階で発酵食品でなくなっています。

今、腸内フローラや自家製発酵食品が注目されるようになりました。敗戦以来、貧困は

無くなりましたが、食の市場化や欧米食の普及で、心と体は病むばかりで、

それに付け入るように医療産業が隆盛を極めています。

ガンなど生活習慣病・難病に対して現代医療は無力で、国民が今の医療は何かおかしいと

感じ始め、日本の伝統的食生活の見直しが始まっています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。


ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

野菜ジュースは身体に悪い

野菜ジュースの原料は、みんな食物繊維を取り除いて加熱(酵素が無くなるので一番問題)

しているので、ほとんど体に効果はありません。消費者は何事にも(特に食品)疑問を

持つべきです。

野菜ジュース一本で、本当に一日に必要な野菜が摂れるのでしょうか。役所は健康維持の為

一日350グラムの野菜を と言っていますが、それは自然の生の物であって、野菜ジュースに

した物ではありません。生野菜350グラムの全ての栄養素が入っているわけではありません。

食品メーカーは金儲けの為、安い物を世界中から集めてきます。その中にはあやしい中国産

も入っています。そして運賃を安くしてコストを抑える為、食物繊維を除いて加熱し、重量を

減らして、日本に輸入します。中国産も多く含まれ、残留農薬の危険性も発生します。

元々は350グラムの野菜ですが、加熱し食物繊維を除き、重量は6分の1くらいの

濃縮ペーストにして、輸送費を安くあげています。日本に着くと水を加えて「濃縮還元」と呼び、

国内製造として売っています。全く、どうしょうもない金儲けの為の会社が多い事か。

加熱して、一番身体に大切な食物の酵素が無くなり、食物繊維は大切な腸内の善玉菌の

エサなのに、それも除いています。結局、食品会社の金儲けの為に(もちろん安いのですが)、

我々は植物のカスを、飲んで食べているのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

白砂糖の恐怖

精製塩も恐ろしいが精製糖はもっと恐ろしい。一説には白い麻薬と言われています。

特にイライラしたりすると甘いものが欲しくなり、習慣性があります。いわゆる砂糖病と

言われています。忘れっぽく、集中力が無くなります。又、感情をコントロール出来なくなり

そううつが激しくなります。頭が混乱し、気分が落ち着かなく、忍耐力も無くなります。

そして母胎に直接影響し、子宮・卵巣の発育不良を起こし、羊水(主に海水に近い状態で

出来ているので砂糖は悪影響を及ぼします)過少症の為、流産・早産が多発します。

そして胎児には発育不全を起こし、骨格、特に頭蓋骨の形成に悪影響を及ぼします。

その結果、奇形児の発生率が増大します。美味しいからと言って、不自然にミネラル分を

取り除いた加工砂糖は、体に多大なる影響を及ぼすのです。

自然の砂糖きびを絞った黒砂糖であれば問題は無いのですが、白砂糖が甘くておいしいので、

(単純に人間の欲望を極大化しただけ)ついつい食べたくなるのですが、その裏には大変な

事が体に発生するのです。

糖分は自然界から摂るようにしましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

血液と健康

千島学説によると、全ての病気は血液の汚れが原因と言われています。

即ち、体調を崩した時は病名や症状の判断以上に、血液を良くする事が大切です。

病状の原因は、血液の汚れと血液の循環不良にありますので、きれいな血液を造り、

体全体に循環する状態を作る事が重要です。血液は食事から造られていますので、

発酵食品を多く摂り、腸内フローラを良くする事。そして、腸内善玉菌のエサとなる

緑黄色野菜・海藻・根菜類を多く摂る事です。

逆に、血液を汚染させる白砂糖や人工甘味料の入ったジュース類・腐敗物・焼き肉を

筆頭とする肉類・酸化した油などを摂ると、腸内悪玉菌が増え、小腸の働きと吸収力を

低下させ、病気の原因となります。その結果、便秘や下痢状態となります。

そして腸内腐敗が進み、その毒素が体内へと、血液の中へ入って行きます。

その毒素が病気の原因となり、その中でもニトロソアミンや硫化水素などは、強烈な発がん性

物質なのです。食が砂糖や肉食が増えた結果、若い人、特に女性にガンが増えています。

特に便が黒く臭い人は、要注意です。本来の便は黄色っぽく臭くありません。

赤ちゃんの便は黄色く、臭くないのです。


便や尿が臭いのは、その人が食べている物が臭い(腐敗物や硫化水素)からです。

野菜穀物中心の食に切り替えると、さほど臭わなくなります。それが血液がサラサラで

きれいな証拠なのです。 昔ながらの日本食中心の食事に切り替えましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食の乱れ

玄米と穀物菜食・少しの小魚・味噌汁が、長い間日本人の普通の食事でした。

時に、卵・鶏肉などが食べられていましたが、これは祭事など特別の日に食べていました。

お菓子類もそうでした。それでいて日本人は不思議な程達者で、長生き・高齢に達する者が

多かったのです。昔、平均年齢が低かったのは、乳幼児の死亡率が高く、平均年齢を落として

いただけで、現在と変わらず高齢まで生きた人は多かったのです。

人間の体質は少ない食物で十分に健康を保てるのです。あのギリシャの哲学者ヒポクラテス

も言っています。 「病人に食べさせると病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ

病気は早く治る。満腹が原因の病気は空腹によって治る。」 と。

この様な体質の日本人が、特に戦後、今迄の分を忘れて肉類の飽食にふければ、過剰摂取

された栄養が心身に悪影響を及ぼし、生活習慣病が蔓延するのは当然の事です。

余分に吸収された栄養は、内臓を疲弊させ、様々な雑念の元凶となり、犯罪やモラルの低下、

精神病患者や異常者の増加を引き起こします。先進国で過食や肉・砂糖類を多く食べている、

特に欧米では、精神異常者の数が日本の2~3倍多いと言われています。

肉食を慎み、食の乱れを正すと、うつ病などの精神的な病は間違いなく治ります。

病院の精神科の薬は対処療法で、治る事はなく症状を和らげるだけで、根本的治療とは

なりません。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

パンと臭素酸カリウム

市販のパンには臭素酸カリウムが大量に使用されています。発ガン性が指摘され、

イギリス・カナダ・ドイツ・中国でも使用が禁止されています。

昔、パン生地や魚肉練り製品などの改良剤として、大量に用いられていました。

山崎パンのランチパックなどにも大量に使われています。人の健康の事など、

全くお構いなしで、添加物が金儲けの為どんどん使われています。

臭素酸カリウムはパンを焼く時の生地に添加すると、小麦粉のたんぱく質に効果的に作用し、

パンの膨らみや食感が一段と向上し、口に入れた時の美味しさが異なります。

がしかし、発ガン性が高く医師の間では、乳がんや子宮がんの患者に問診すると、

加工パンを食べる傾向が知られています。ランチパックにしてもコンビニのサンドイッチに

しても、一ヶ月経っても腐らないのは、おかしいと思わなくてはなりません。そんなものは

気持ち悪くて、買う事が出来ません。本来、一日くらいしか持たないものが、何故、

コンビニで長い間、棚にあるのでしょうか。添加物・防腐剤が大量に入っています。

この様に、食品は本来大量生産して売る事に向いていないのです。大量生産・大量販売

しようとすれば、まずは、腐らないよう強力な防腐剤、そして愚民が喜ぶよう(口当たりが良く

美味しく感じて、尚且つ、安い)大量の添加物を投入して、食品を作っています。

その結果、人の健康など考えず、金儲けに走り、人には難病・ガンが多発しています。

そして、それを治すという名目で、根本治療でなく対処療法の医療産業が栄えています。

何か世の中はおかしいのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本の食の欧米化の問題 ②

米国の資本主義の影響を受け、経済的に一番ふさわしくない食が経済重視(金儲け主義)

になり、大量生産・大量消費・グルメだとか、たくさん食べる事が幸せだと洗脳され、保存料・

添加物・薬漬けで、尚且つ、ひどい食材を使った安価で金が儲かる商品が開発されました。

健康を害する商品ばかりが店頭に並んでいます。これらを何も考えずに売らんかなの

イメージだけの宣伝に踊らされ、食べています。結果、昔なかったガン・アルツハイマー・

心臓・糖尿・痛風・喘息・アトピー・虫歯・肥満など、増加の一途をたどっています。

日本ではそうですが、逆に欧米ではこうした病気は食事が原因とわかり、見直しが始まって

います。自然な物を食べれば健康に、不自然な物を食べれば不健康になります。

当たり前の事です。

マスコミで宣伝されている事は、どのようにして大量に売るかイメージ戦略だけで、たくさん

売って儲けるにはどの様にしたらいいか しか、考えていません。人の健康なんかどうでも

いいのです。その当たりをよくよく考えないと、体の健康を保つ事は出来ないのです。

特にテレビを見ると、全ての事象は、金儲けする為の術にはまってしまう事になります。  

よくよく注意しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日本の食の欧米化の問題 ①

日本の、食の欧米化が進み、多くの問題点が発生しています。欧米の影響を受け始めた

のは、16世紀キリスト教や鉄砲の伝来で、欧米文化との接触が始まりました。

その後、キリスト教の禁止や鎖国で、一時途絶えましたが、明治の開国で再び欧米文化が

入り始め、大東亜戦争の敗戦でアメリカの文化が一挙に入って来ました。戦争に敗れた結果、

アメリカの全てが正しく、日本の戦前の全てが悪いとアメリカに洗脳され、食に対しても同じ

洗脳と、日本人の心の中に欧米文化が良いとの誤った意識が芽生えました。

アメリカの文化は、ある意味進歩的で素晴らしい所もあるのですが、反面大きな問題や

弊害も多く存在し、現代深刻な社会問題となっています。

その大きな一つが食の欧米化です。日本の伝統的な和食文化は世界で一番の健康食と

言われています。戦後、日本ではそれを失いつつあり、米はパンに、味噌汁は牛乳に、

肉や砂糖、化学塩を基本とした食事に変わってしまいました。

その結果、今迄なかった難病やガンが多発しています。  (続く)


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コールドウェル先生のガン治療法 ②

ドイツのある医師は、ガン患者に酸素治療を行っています。ガン患者の血液を一度抜き取り、

酸素を注入し、患者に輸血します。すると患者の体は新生児みたいに蘇ります。

ガン患者の血液はどす黒く、酸素を入れますとピンクに変わります。体、特に血液に酸素を

取り入れる事が大切なのです。

先生が行った治療で、ビタミンCの大量摂取で 一日100cc 一週間に三回 血液に注入すると

ガンが数日以内に消えてしまいます。但し、人工的に作られたビタミンCではなく、天然で

なければなりません。

そして塩です。人間の体がうまく機能する為には、体に微少電流が流れる必要があります。

電気を発するには塩が必要です。塩のミネラル分が電流を通して、いろいろな体の動きや

働きを制御しているのです。これも自然海塩でなければだめです。精製塩では血管の内部を

傷つけ、それを修復する為コレステロールが発生し、血管が狭くなり、高血圧になります。

人間も自然界で生きているのです。不自然な加工物を体に入れると異変が発生します。

この様に、自然で未加工の野菜・果物・海藻などを摂ると、自然のビタミンCなどが

血液をきれいにします。千島学説でもある通り、ガンは血液の汚れなので、血液をきれいに

することが最重要です。そして解毒は自然海塩がその役目をします。


要は、体から毒を抜き、血液をきれいにすれば、ガンは消滅するのです。

そしてどんな病気も血液に起因するものなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR