FC2ブログ

免疫力と酵素

免疫力を高めれば様々な病にかかりにくく、体を守ることができます。

食事の中で酵素が含まれたものを摂ることが大切です。


酵素とは、生命体が生きていくのに重要な栄養素で、たんぱく質の一つです。

体内にある酵素には、消化系と代謝系があります。 特に代謝系が少なくなると、

病気になります。 代謝系酵素が十分にあると小腸で吸収された栄養が、

各細胞にいきわたり、血液を浄化し解毒を促します。

そうすることにより、自然治癒力がつき、免疫力UPとなります。

酵素を十分に体全体にいきわたらせる為には、外部から食物酵素として

摂ることが重要です。

それには、生野菜や果物、醗酵物といわれる納豆、漬物、醤油、ヨーグルトなどに

食物酵素が多く含まれています。 

熱に非常に弱いので、煮物、炒め物には含まれません。

酵素が十分に体にいきわたると、体内物質の働きを強めます。

血液がサラサラ状態になり、体中に酸素や栄養を滞りなく送ることが出来るので

体毒や老廃物、活性酸素などを排出しやすくなり、健康な体を維持、

病気を寄せ付けなくなります。


生野菜・果物・発酵食品を十分に摂り、免疫力をつけましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ミネラルの重要性

人の寿命は 120歳 と云われています。 60歳の2倍です。

また干支(十二支)の10倍です。還暦(60歳)で赤ちゃんに還りチャンチャンコを着ます。

そして、あとの人生 干支を5回、合計120歳です。 


100歳以上の長寿には、ミネラルとビタミンが大切です。

人類が地球46億年前、原始の海から陸に上がり、生まれて来たことを考えると、

塩分が重要な事は自明の理です。 血液が辛いのもその名残りです。

その為、微量ミネラルを含めて、約95種のミネラル(金属)を一定の割合で

摂取することが大事です。 その割合は人工的に作る事が出来ません。

一番手っ取り早いのは、自然海塩のうちのニガリ部分です。

生命の基でもありますし、ミネラル分が自然に一定の割合で含まれています。

こういう理由があって、ニガリを薄めて飲むのが、自然健康法の一部として、

取り入れられています。


ミネラルには、体を構成する骨・歯などとして、カルシウム・リン・鉄などがあります。

又、体の調整・調子を整え、脳からの伝達を伝える、カルシウム・ナトリウム・

カリウム・マグネシウムなどがあります。 そして、たんぱく質などと連携して働く、

マグネシウム・マンガン・銅・亜鉛などがあります。

ミネラル不足をおこすと、なんとなく調子が悪いと感じるようになり、

慢性的レベルになると、糖尿病・心疾患・ガンなどの生活習慣病のリスクを高める

可能性があります。 

何故なら、ミネラルの体の調子を整える作用とは、端的に言うと、

解毒作用の事だからです。


現代の食事は慢性的ミネラル不足で、よほど注意深く食事を考えないと、

生活習慣病に陥るリスクが高い、と言えるのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

うつ病と腸管力

最近の研究では、精神的な病気は胃腸の状態、特に腸の状態によって

引き起こされている可能性があることが指摘されています。 

又、食道・胃・腸が消化器系以外の身体機能に影響を及ぼす研究が増えています。

記憶障害・鬱病・神経症とは直接関係のないと言われる消化器系(特に腸)との

関連が注目されています。


免疫系の70% 以上を腸が司るところから至極当然ですが、今迄は関連付けされて

いませんでした精神病や脳の病気系の患者は、胃腸障害を訴えるケースが多く 

便秘・下痢・腹痛の人が多い。

善玉菌優位の腸内環境を整える事で、鬱病も治る可能性が高くなります。

もちろん、気持ちの持ち方も並行してケアしなければなりません。


前に 「腸は脳より賢い」 という事を書きましたが、消化器系はもちろんのこと、

腸から神経を通してその他の臓器へのコントロールが行われています。

腸からの伝達情報も大量に伝わり、脳からと両方の相互作用で

体の健康維持が保たれています。


この様に、腸は何度も何度も重要と指摘しています。

しっかり腸管力を高めて健康な生活を送りましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

心の持ち方と免疫力

人体の健康は免疫力で決まります。

免疫力を上げる為の食事は最重要ですが、その他にも心の持ち方やストレスも

免疫力に大きな影響を及ぼします。 主に腸の症状に表れます。仕事上のストレス、

周囲で起きた悲しい事などが発生すると、下痢・便秘・潰瘍が消化器系の胃腸に

異常をきたします。 逆に、楽しい事や笑いの体験では免疫力が上がり、

腸及びNK(ナチュラルキラー)細胞の活性化で体が健康になります。 


ストレスの解消法はまずよく寝る事です。 睡眠は心と体の健康にとって大切で、

良い眠りでないと眠っている間の各種細胞の修復が不十分で、風邪をひいたり

不調になったりします。 正しい食事を、美味しく楽しくリラックスして食べる事が、

ストレス解消には何よりも大切です。

そうはいっても、身の回りで起こっている各種悩みが解決しないと、

食べられないし、眠れません。 


そこで重要なのが心の持ち方です。 主にストレスの面から考えてみますと、

起きた現象に関してどのように受け止めるか ではないでしょうか。

中庸の考え方が重要で、この世で起きることで個々人に不平等はありません。

発生した事を、どうとらえて、どう判断するかだけです。

それぞれ裏表考え方はいろいろあります。 過去の失敗を考えてくよくよしても

しょうがないし、未来への不安を思っても、何の解決にもなりません。


要は、足るを知って、自分自身が悪いと思った事を逆転して

良い方に換える考え方が大切ではないでしょうか。

そして対策を行い、過去を悔まず、未来を考えず、目の前のやるべき事を、

坦々と、黙々と、行動することではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。 お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


善玉菌を増やす食事

腸力が大切。 免疫力の 70% 以上を担います。

直接的には善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌 etc.)を増やすことが非常に重要です。


どの様な食事をすれば、善玉菌を多く増やせるのでしょうか。

まずは、発酵食品です。 乳酸菌は、ヨーグルト・味噌・醤油・納豆・キムチ・

酒粕・甘酒などにも含まれています。 そして、オクラ・モロヘイヤ・ナメコ・山芋・

海藻・こんにゃくなど、ネバネバ・ヌルヌル食品の水溶性食物繊維は、

善玉菌のエサになり、便秘解消等の役にたちます。


緑の野菜・ニラ・小松菜・ホウレン草・青紫蘇・お茶・海藻などは、

ビタミンA・C・Eをたくさん含んでおり、ミネラルも豊富です。

特にミネラルは重要で、乳酸菌が生きて行くうえで無くてはならないものです。

梅干し・酢・ミカン・レモンなど酸っぱいものは、クエン酸が体の代謝機能を高めて、

免疫力UPを行います。 

又、食事で抗酸化成分を摂るには、ビタミン・ポリフェノール等が多く含まれる野菜・

果物・そばなどを摂ると抗酸化・老化防止で免疫力が向上します。

逆に、肉食・乳製品・白砂糖を多く含んだケーキ・お菓子類・加工食品など中心の

食事をすると、悪玉菌増加の原因となり、免疫力低下が起きます。


いずれにしろ、日本古来の和食中心の食事をすることが、重要ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

健康で長生き

現在日本の平均寿命は、男性で 79歳 ,女性で 89歳 程度です。

ただし、健康寿命(いつまでも自立して元気に暮らせる)は、約10歳 少ない、

男性で 70歳、女性で 80歳 と云われています。

寿命は延びても、最期まで健康な人は、意外に少ない。

健康で長生きするには、住環境・食事・運動・ストレス解消が、大切です。


中でも食事は命の源ですので、一番重要です。 そして腸の力は、何度も書いて

来ましたように、免疫力の多くを司っています。

自然界の中で人が細菌・ウィルス・添加物・化学物質・空気汚染等、

体に害を及ぼす環境に打ち勝ち、健康状態を維持しているのは、

免疫力が体に備わっているからです。

同じ環境の中で、病気になる人ならない人の差は、免疫力の差で生じます。

免疫力が高ければ病気にかからないか、かかっても直ぐに治ります。

加齢による免疫力の低下で、年寄りは風邪をひきやすく、若い人でも

疲れがたまると、いろいろな症状が出てきます。


免疫力を高めるには、なんといっても腸です。 

腸の環境を整えて、腸の力を高める事です。

加齢だけでなく、肉類の食事・ストレス・便秘・冷えなどは、悪玉菌を増やし

免疫力が低下します。 

善玉菌を増やす食事が、何といっても一番ではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

腸と病気

調子が悪いので病院へ行くと医師に診断され、○○病として薬が処方されます。

部分治療が中心で、体全体の調子を整える処方はされません。

なぜなら、技術料としての保健の費用が出ないので、儲からないからです。

本来は生活全般の指導をすべきところが、その様な仕組みになっていないのです。

ここに現代医療の大きな問題があります。


医者及び現代西洋医学が万能でなく、緊急避難であり、対症療法であることを知って、

病気の本当の原因を見つける事が重要です。

そこで、免疫力の 70% 以上を司る腸に、注目しなければなりません。

腸が汚れていると腐敗毒素が血液中に吸収され、毒素が体全体に蔓延します。

便秘・下痢・悪玉菌の増加、全てが素(もと)となり、体のアチラコチラに

異常をきたします。

又、長い間そういう状況を続けていると、ガンという形で表面に表れてきます。

長期間、腸の異常状態が続くと血液が汚れるので、その浄化作用として、

ガンの形に汚れを集め、その他の血をきれいにするのです。 

一概にガンは悪くはないのです。


さて、腸に起因した血液のドロドロ状態は血管を詰まらせ、脳障害・心臓障害・

目の各種病気・認知・血管・アレルギー・口臭・糖尿・肝炎、その他ほとんどの

病気の原因・遠因となります。

又、ストレス過多も腸に影響を及ぼし、便秘・下痢等、腸の変調をきたします。


生活環境(心の持ち方・食事・良い水と空気・運動 etc.)を見直し、

免疫を高めて、健康で長生きな人生をエンジョイしましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

現代医学の落とし穴

病気のほとんど(生活習慣病)は、骨折とか緊急事態を除いて、

医師に任せても治りません。 

それは現代医学(特に西洋医学)では、治すことができない。

病気になって病院へ行くと、病名を告げられ、対処療法で手術とか薬の処方を

されますが、根本的治療とはなっていないので、本来の病気が治ったわけでは

ありません。  一時的、緊急的に緩和しただけの状態です。


特に生活習慣病といわれる、高血圧・糖尿病・痛風など、加齢と共に発症する病気は

症状を抑える化学薬品を処方され、飲み続ける費用、多くの薬を飲む副作用発生の

リスクが免れません。 そして、副作用により他の病気を誘発します。


風邪一つとっても、よく引く人と引かない人がいます。

薬を飲んで一時的に治っても、違うウィルスでまた引きます。

逆に免疫力の強い人は風邪を引きません。

ガンも同じで、何度も書いていますが、対処療法の最たるものです。


そして現代医学の悪いところは、ガンの三大治療と称して、三大対処療法をします。

手術・抗ガン剤・放射線です。 

その結果、免疫力が急低下し、急死することがあります。

ある先生が次のように書いています。

 「東北大学を卒業、研修医時代の二年間に15人のガン患者を担当、

 どんな治療をしてもよくならない。治るどころか強い抗ガン剤を使った結果、

 あっという間に亡くなり、生還率ゼロ、大きな大きな挫折でした。」

皆さんはどう思いますか。


自然に生きて免疫力を高めるのが、根本的治療に繫がるのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。 お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

白砂糖の恐怖

精製糖のこと、白砂糖です。 結論は人工的に作られたものは良くないという事です。

体にとって一番大切なミネラル分が取り除かれています。


東洋医学の陰陽論で考えると、白砂糖は陰で、黒砂糖は陽です。

ミネラル分が取り除かれているので、消化の為に体の中のミネラル分が使われます。

その結果、例えば白砂糖を大量摂取すると、体内のカルシウムが骨から大量消費され、

骨粗鬆症になりましす。 その他にもミネラル不足の為、鬱病・頭痛・貧血・記憶障害、

その他様々な病気を、誘発します。


又、精神病障害、思考力低下、集中力がなくなり、キレやすくなります。

最近の、大人も子供も含めて、昔無かった暴力とか事件が多発しているのも

白砂糖の摂り過ぎが原因となっているのは、間違いないことです。 

ネズミの実験でも白砂糖を大量に与えた結果、気狂いし、死亡した例も報告されています。


そして、最も恐ろしいのは白砂糖は麻薬に近く、摂ればとるほど脳の快楽が

進むことです。 いわゆる麻薬の症状と同じことです。 

合法的な、小さな麻薬と同じでしょうか。

大量摂取すると体は、麻薬症状を呈し、ボロボロになります。

そして、白砂糖はウィルスや悪玉菌のエサとなり、免疫力の低下を招き、

様々な病気の原因となります。 

白砂糖は、人の心も体も蝕む、恐ろしい食品なのです。

砂糖を摂るには、黒砂糖を摂るように心掛けましょう。

白砂糖で酸性化した体には、自然塩(アルカリ食品)を摂ることにより解決します。


いのちの基、自然塩をしっかり摂ることが重要です。 

そして加工食品を減らして、自然そのままを食することが肝要です。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

御意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自然と病気と健康

一般的に自然というと、環境(空気・水・森とか)が頭に浮かんできます。

その他にも、生き方・生活(衣・食・住)があります。


病気を自然と結び付ける物は、主に、心の持ち方・環境・食事などがあります。

これらが自然に反していると、心と体は正直に反応して病気になります。

現代人の行動は、自然に反した不自然な事が多すぎます。 だから出来る限り

原始の生活に返り、不自然で人工的な事を取り除くと、

病気は無くなります(かからなくなる)。

要するに、自然に反して間違った生活をしていたら、病気になり、

自然に正しい生活をしていると、健康になる、という単純な法則が成立する

という事です。


現在の不自然さを例に挙げると、添加物・化学物質・医療医薬・遺伝子組み換え・

建築物・有害の空気汚染・排気ガス、全てが毒であり、それらが様々な病気を

蔓延させて、異常な増加となっています。


全てには、原因がある。 神(自然)の摂理は非常に単純明快です。

不自然さを直して、自然と調和し、生きて行くことが、健康になれる唯一の方策

ではないでしょうか。


全ては間違いだらけの世の中で、不自然さを取り除いて、自然に生きることが、

免疫力を高めて病気にならない秘訣です。 具体的な方法は今迄にランダムに

述べています。 根本的な考え方の基本は、自然か不自然か(ソフトもハードも)、

よく考えて行動すべきです。

今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

血液の流れ路汚れ

血管年齢という言葉があります。 血管の収縮度です。

血液年齢も同様であり、略していうと、ドロドロ度合とサラサラ度合です。

加齢とともに悪化します。 


冷え性(特に女性に多い)・低体温は、血液が隅々まで回っていない事を表します。

人は血液から老いると言われますが、食生活の乱れ、特に肉食、白砂糖(精製糖)の

摂り過ぎにより、一見元気そうに見える人でも、血液がドロドロの人が多い。

この様な人は様々な病気の原因を持っており(既に悪いかもしれない)、

将来は非常に危険な症状に発展する可能性が高い。

人の全細胞は活動する為、血液から酸素が供給され、二酸化炭素を排出、

老廃物を処理します。 動脈と静脈の流れの中で、活動処理が行われています。

この活動がスムーズに行きますと、細胞が生き生きし、免疫力が高まり、

病気になりません。 自然塩(海塩)摂取で体を温めて血流をよくすることも大切です。


生活習慣病的な病気の、表面的に人体に最初に表れる現象は、冷え性と便秘です。

冷え性を治すと血流が良くなり、体毒の排出が進み、体の調子が良くなります。

又、便秘は便が体に長い時間滞在し、腐敗毒が発生し、腸からの吸収により

体に毒が回ります。 便秘解消も重要です。


食生活を見直し、運動も加えて、体調を万全にすることが病気にならない一歩です。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR