FC2ブログ

ガン検診の危険 ①

毎日 誰でも 3,000~5,000 個のガン細胞が発生しています。

免疫力の高い人はガンは悪性化しません。

ガンの三大治療の中で、放射線治療がありますが、放射線は外からの影響による

ガンの発生の、最も大きな原因です。 これは、常識です。

1990年のチェコでの実験、米国でも確認の実験が行われたそうですが、

肺ガンでエックス線検査を受け被曝。 ガン検診を受けた人がガンにかかり、

ガンで早死にする驚きの事実があったそうです。 その事は報道には出て来ません。

不利益を被る医療産業からの圧力があったようです。

同様に、胃ガン検診・大腸ガン検診・その他前立腺ガン・乳ガン・子宮ガンなど、

どのガンでもエックス線・CT(レントゲンの 300 倍の平均被曝量)撮影します。

そして、大量の放射線被曝を受けます。 公共機関のガン検診推奨で検診を

受けた人の方が、データ上、ガンを発病する人が多く、早死にしています。

そして、日本のガン患者の10人に1人以上が、エックス線・CT撮影により

発ガンしている事実があるのです。


高価なCT装置償却の為、どんな簡単な病気でも、CT装置で撮影し、被曝が増え、

ガン患者を増やす原因になっています。 


ガンの早期発見・早期治療の名のもとに検診を勧めて、逆にエックス線・CT撮影による

被曝で、とんでもない現象が起きているのが、今の現状です。

早くその事実に気付いて、早めの対処が必要です。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ガンの三大治療の是非

ガンの三大治療とは、手術・放射線・抗ガン剤治療と云われています。

治療と云われながら、おかしな事がいっぱいあります。


手術で切り取る事が治療なのでしょうか。 治癒するとは、ガンが消滅し元の状態に

なる事です。切り取る事は、治療ではありません。手術して切り取る事は、体全体の

バランスを崩し、免疫力の大幅な低下を招きます。


放射線治療も放射線自体がガンの基です。 又、エックス線・CT検査も被曝(ひばく)

する事が解っています。 ガン患者のガンの進行を早めます。


最後に、抗ガン剤です。ガン細胞も正常細胞も殺します。投与されますと正常細胞も

おかしくなりますので、食欲がなくなり、苦しい思いをします。白血球の数が、2,000以下

に下がり、他の病気も拾いますので、一時期、個室に隔離します。そして健康状態が

回復して白血球の数が増えるのを待ちます。その時には、ガン細胞も増えています。

繰り返している内に体力が消耗して、死が近づいてきます。医者の間では、抗ガン剤が

効かないのは常識になっているそうです。結局、抗ガン剤で治るガンなどは、

実際はないそうです。

厚生労働省の技官も、抗ガン剤でガンを治せないのは常識と言っています。

岡山大学のあるデーターでは、ガン死亡の 80% は三大治療によると記されています。


それでは、なぜ三大治療をするのでしょうか。

端的に言うと病院・製薬会社の利権です。医者に何と言われようと、抗がん剤治療は

やめたいものです。なかなか難しいことで、本人の為と思ってもその人の判断で、

(命は一つしかないので)決めるしかありません。


結局の所、自分の信じる方法で(統合的に免疫力を高める)治療する事が、

重要なのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。 感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ガンの消滅メカニズム ②

もう一つ、ガンの消滅に必要なのは、ストレスの解消です。

ストレスにより体調を崩すことは、よく言われます。 まず症状が表れるのは、胃腸です。

胃が痛い、下痢をする、便秘する、食欲がない、などです。 ストレスによる神経性の

胃腸炎です。 このようになると特に、腸管力が下がり、それがNK細胞や

マクロファージの活性力を極端に落とします。 乳酸菌の補給、よい食事では

十分な免疫力を発揮できません。

逆に、安心すればストレスが減少する。 ストレスが減れば免疫力が高まります。

医者に見捨てられた末期ガンの人が、生き方を達観したり、笑いでガンが消滅

した例は、たくさん見られます。


この様に、気持ちの持ち方で、免疫力が大きく左右されます。

健康を保つには別に特別なことはなく、いいかげんが良い加減と心掛けてください。

やり過ぎない事です。 そして季節の野菜や海産物中心の日本古来の和食中心の

食事にし、車などには乗らず、歩いて軽い運動を心掛ける事です。

あとは、少しでも世の為に活動することではないでしょうか。

それがストレスをためない生き方です。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンの消滅メカニズム ①

本テーマである免疫力を高める事が、ガンの発生を抑え消滅させる、唯一の方法です。

老化であろうが、外からの影響(ウィルス・放射能・化学物質・添加物・肉食 etc.) が、

原因でガン化したとしても、治す方法は、免疫力を強化することです。


免疫力とは、元気で丈夫な白血球の事です。 中でもNK細胞・マクロファージ

(貪欲細胞)を強化する事です。 そして、マクロファージは老廃物・ポリープ・

ガン細胞等をドンドン食べて、体の掃除をしてくれます。

又、NK細胞と共に外からの病原菌・ウィルスなども食べて、健康な体を作ります。


白血球を強くするのが、乳酸菌です。 腸が体の免疫力の 70% を有するので、

腸管力を高めるのが大切です。 胃腸と乳酸菌と白血球(中でもNK細胞・

マクロファージ)は、密接な関係があり、切り離すことができません。

結局、ガンの消滅を目指すのは、乳酸菌を十分に摂る食事と乳酸菌を増やす

エサとなる食事をして、腸管力の強化を計ることが、最重要です。 

ガンの三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)のような部分治療でなく、

体全体の免疫力を高める事ではないでしょうか。

もう一つ重要なことは、ストレスです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR