ガンと食事

ネバネバ食品を食べて多糖体成分を多く摂ると、ガンを治す事が出来ます。

日本人なら、少し昔に食べて来た日本食の中に、豊富に含まれます。

実際にそのあたりにある、ありふれた食品ばかりです。


ガンは免疫疾患なので、免疫力を高める食事をすべきなのです。

正常細胞内にウィルスや病原菌が侵入しても、NK細胞などが作用し、ウィルスや病原菌を

殺してしまうシステムを、人は持っています。ガンにしても、人の免疫力とガンの力関係で

免疫力を高めれば、ガンは自然に消滅します。免疫力の低下は血液の汚れとなって

表れます。ネバネバ食品を多く食べると、腸の中の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)の

エサになり、腸内環境が良くなります。免疫力の大部分を腸が作り出しています。

現象としては、腸内環境が良くなると便秘・下痢がなくなり、便の臭いもなくなってきます。

腸内が良い発酵状態となり、食物の毒素もなくなります。

その様な状態で栄養吸収しますと、血液がドロドロからサラサラに変わり、体の隅々まで

行き渡ります。そして、血液を通じてデトックスが行われます。


ガンは血液の汚れのかたまりですので、体全体の血液がきれいになると、

徐々にガンは溶かされ、消滅となるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ガンと免疫力

前回、ガンに効いた話の中から順に論理的に考えてみますと、ネバネバした食物や

抗菌性の強いお茶・キノコ類は、多糖成分が多く含まれています。 この多糖成分は

腸内善玉菌のエサになり、腸管力アップとなります。 又、長寿村の人達は日本古来の

食事、その中に味噌・漬物・納豆などの発酵食品が多く含まれています。

この発酵食品は食物として消化され、善玉腸内細菌を増やします。

その結果、腸管力が上がる事により、免疫力が大幅に強化されます。


ガンの温熱療法では、42℃以上でガンが消滅するという事もありますが、

HSP(ヒートショックプロテイン)効果も、並行して免疫力を上昇させます。

風呂・温泉・遠赤外線・温灸(おんきゅう)などを、体に熱をかけますと、HSPの効果で

体のあらゆるダメージを修復してくれます。 つまりHSPは免疫細胞全ての機能を回復し

正常化させるのです。


もう一つは、腸機能に多大な影響を与える精神面、即ち、ストレス解消です。

ストレスが多いと、免疫力が急低下します。

逆に開き直って楽しく生きると、免疫力がアップします。


以上のような観点から考えて、ガンの制圧に取組むのがいいのではないでしょうか。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンに効いた話

漢方薬のキノコ類の中で、サルノコシカケ科の霊芝・マイタケ・シイタケなどの中の

多糖成分が、制ガンの効果があると言われています。そして、緑茶・ハトムギ茶も又、

効果ありと言われています。


長寿で有名な東京都上上野村(かみうえのむら)も、年配者は病気一つせず、

ガンにもかからず、前日まで元気で、ある朝亡くなっていたという人本来の亡くなり方を

している人達もいます。

それは昔からの日本の食事をすることがポイントとなっています。

特に、山芋・自然薯・里芋などネバネバしたイモ類を多く摂取している事が特徴です。


末期ガンで余命宣告され、人生を達観して温泉三昧をしているうちに治ったという例も

あります。

笑いも非常に大切で、生き方を明るくし、楽しく笑いのある生き方に見直した結果、

いつの間にかガンが消滅してという事もあります。

この様な話は確かに面白いのだが、これを論理的に現代の医学では説明できない。

これを自然治癒力・免疫力の観点から考えると、納得出来るものが多くあります。


40歳を超える頃から、ガンが多発してきます。人の免疫力は20歳をピークに

免疫力が低下し、40歳を超えると一段と下がります。

ガンは免疫系の病気であり、人体の免疫系が正常であればかからない病気なのです。

だからガンの三大治療の対処療法では根本的には治らなく、一時的によくなっても又、

転移となって表面化します。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ガンの余命宣告

一般的にガンは、日本人二人に一人がかかり、放っておくと体内の各所に転移し、

やがて死に至る恐ろしい病気と言われています。いずれ人は老衰で死にますが、

ガンで直接すぐに死に至る事はありません。むしろ"恐ろしい"という前宣伝が

行き過ぎ、本当の原因を未だにはっきりさせず、対処療法(ガンの三大治療・・・

手術・放射線・抗ガン剤)で免疫力を急降下させ、死亡した例が多数見受けられます。

普通に歩いて病院へ行くほどの人が、健康診断などを受け、ある日突然、余命数ヶ月

と言われ、三大治療を受け、あっけなく死んだという人が、周りにたくさんいるのでは

ないでしょうか。本当に不思議な事です。

それは、原因(生活習慣)がはっきりしていても、西洋医学では対処療法が中心なので、

治らないのです。そして、もし、現代の医者がその知識(生活習慣を改める統合医療)を

持っていても、手間がかかりお金にならないので、やりたがらないのです。

千島学説に依れば、ガンは血液の汚れが原因であり、その度合いによって、

出来たり、消えたりするものと言われています。

だから三大治療などせず、血液をきれいにし(食物中心に変える)、体の隅々まで

血液を行き渡らし(入浴・運動など体を温める)、排毒を促して、ガンを溶かして治す事を

考えるべきなのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ガンの早期発見と早期治療

一般的にガンは早期発見して、早期治療が重要と言われています。

治療とは、手術・抗ガン剤・放射線の三大治療です。健康診断などでガンが見つかり、

三大治療の結果、患者は免疫力が急低下し、体がガタガタになり、死んでいく症例が

あちらこちらで見られます。これが現代医療の実態なのです。


生活習慣病の代表といわれるガンを部分治療(三大治療)で一時的に治ったとしても、

その人の生活習慣を直して、免疫力を高めないと、又違う場所にガンが発生します。

これを一般的に転移といいます。それを繰り返す内に死へと繫がって行きます。


ガンが消えたという例は無数にあるのに、これを現代医学の医者は認めていません。

何故か。 それを認めるとお金にならないのです。医療・製薬業界で、ガンに係わる

収益は、大きな比重を占め、そこで働く人達の生活がかかっています。


ガンの早期発見・早期治療のキャンペーンは、危険極まりないのです。

よくよく考えましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

活性酸素と体

人は50歳から60歳を境に、体に変調をきたします。

健康診断で悪い結果が出たり、大きな病気をして入院したりします。それ以前では、

主に摂り入れたエネルギー(食物)は、消化してしまい、体には残りません。

年齢と共に新陳代謝も落ち、残存エネルギーが体に残るようになります。

これらが体に悪い作用を起こします。

必要以上の食物を消化する為に、多大なエネルギーを必要とし、酵素も多消費されます。

この為、活性酸素が体内に発生し、細胞の老化を生み、寿命を縮める原因となります。

これを続けて行くと、腸管力が落ち、腸がドロドロになる事により、リンパ球の中の

マクロファージ(貪食細胞)機能が低下し(マクロファージは体に不要なガン・コレステロール・

ポリープ・イボなどを食べる。栄養過多になると体に不要な物を食べる前に満腹になる)、

脳卒中・心臓病・動脈硬化・糖尿病・ガンなどの、深刻な病気が発生します。


腸管力を高める食事、即ち、水溶性・不溶性食物繊維をたっぷり含んだ食物を食べ、

発酵食で腸管力をアップすべきです。そして、精製された白米や塩・砂糖や肉類などは、

脳は喜びますが、大量の消化エネルギーを使用し活性酸素が発生、その結果、

細胞を傷め、病気・老化の原因となるのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

健康寿命

日本人の平均寿命は世界一と言われています。しかし、健康寿命が短いのが

日本の特徴です。


誰もが認知症や寝たっきりにならずに、最後まで人生を楽しみたいと考えています。

現在の健康寿命は、平均寿命より10歳程度少なく、男性70歳 女性75歳 位です。

最期の前10年間ほどは、人の世話になっていることになります。

健康寿命を延ばすには、まずはボケ防止、脳細胞の老化を防ぐことです。

脳の若さを保つ為には、意欲・判断力・学習能力を高めて、いつも前向きに生きる

ことです。そして、食物は味噌・納豆など大豆製品を多く摂ると、脳の老化防止に

なります。


人は野菜・果物食、発酵食をたくさん摂ると若返ると言われます。

季節の野菜や果物を摂ると、ビタミン類・カロテン・ポリフェノール・食物繊維が

たっぷり摂れて、腸管力が付き、体の免疫力が高まって、細胞が若返り、

生活習慣病にならなくなり、健康寿命が延びます。

又、青魚の摂取で血液がサラサラになり、高血圧・心臓病も防止します。

そして、気持ちの持ち方でストレスが溜まらないように、副交感神経優位の

ゆったりした気持ちになれば、更に、腸管力が高まり、免疫力上昇で

健康寿命がアップします。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR