知っていますか 牛乳の害

子供が欧米で小さい頃育ちますと、アトピーにかかる確率が高くなります。

ある子供は3~4歳に下痢症状まで起こし、更に血便まで出るようになり、腸を調べて

みますと、潰瘍性大腸炎の初期でした。そこで子供の普段食べている物を調べてみますと、

赤ちゃんの頃は粉ミルクから欧米食(特に牛乳)でした。そこで牛乳と乳製品を食事から

除きますと、血便・下痢、そしてアトピーまでもぴたりと治ったのです。

妊娠中に母親が牛乳を飲むと子供にアトピーが出やすくなる最近の研究とも一致しますし、

牛乳や乳製品の摂取はアレルギー体質をつくる可能性が高いのです。

日本において、ここ30年位の間にアトピーや花粉症などアレルギーの患者が急増しました。

その原因は、欧米食に含まれる肉・卵・牛乳・乳製品のたんぱく質と言われています。

その上に特に大きな影響を与えているのが学校給食の牛乳であると考えられます。

過酸化脂質を含む牛乳は腸内環境を悪化させ、悪玉菌を増やし、腸内環境のバランスを

崩します。 その結果、腸内には活性酸素・硫化酸素・アンモニアの毒素が発生します。

これら大量の毒素を、体から汗・大小便としてデトックスできない為、いろいろなアレルギー症状

の病気として表面化します。そして、更に白血病や糖尿病として発症、重大な病気を引き起こし

てしまいます。

牛乳・乳製品・動物性たんぱく質に注意しましょう。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR