羊水と赤ちゃん誕生のメカニズム

母体の子宮内で赤ちゃんは育っていきます。

子宮内には羊水があります。 羊水は海水に近いと云われています。

前にも書きましたように、生命の起源は海からで、自然に海水と近いものになります。

羊水も人の体液ですので、約0.9%の塩分濃度です。

この様な羊水の最良環境の中で一番若い細胞が、赤ちゃんとして育ちます。

いろいろな部位となって、十月十日(とつきとおか)で赤ちゃんが生まれます。


この現象を考えてみますと、羊水というのは細胞を形作る上で

大切な役目をしているのが解ります。

約95種類のミネラル分を含んだ海水、塩水濃度 1/3 の羊水、非常に重要です。

生まれてきた後も常に人の細胞は、何度も生まれ変わります。

ケガ、ガンなども再生機能があり、常に正常に治そう、と力が働きます。


細胞が新しくなる時は普通、前回と同じ細胞となりますが、

体液の状態(ミネラル分が正常にあるかどうか)が良くなっていれば、

より正常な細胞に生まれ変わります。 又、悪くなっていれば、より悪化した細胞に

生まれ変わります。

前者が、病気が治り健康になったという事であり、

後者は、病気になり調子が悪くなったという事です。

ガンなどもなくなったいう事は、自然にミネラル分を多く含んだ食事をした結果、

細胞が良化したという事です。

決して現代の奇病、ガンは部分治療の三大治療(手術・放射線・抗ガン剤)で

治るメカニズムではありません。 肉体・臓器を切り取るのは治ったとは言いません。

悪い所が再生してこそ、治ったと言います。

より自然な食事をすることが、如何に大切かという事ではないでしょうか。


よくわかりませんが、自然に考えて、最近話題の IPS細胞、STAP細胞も

羊水の中で赤ちゃんが育つ人体誕生メカニズムが、重要な要素となっていると

思います。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR