FC2ブログ

体の洗い過ぎと消毒

一般的常識では、風呂に入ると体を石鹸で洗います。体の汚れとかニオイを摂る為と

考えられています。又、消毒と称して手洗いとかします。


石鹸の苛性ソーダによる滅菌、消毒による殺菌で、体に付いている全ての菌を

殺してしまいます。そして無菌状態になると、体を守っている体の皮膚常在菌も

殺されるため、皮膚が守れなくなります。そこに逆に皮膚に悪い微生物菌が付くと、

一度に炎症などを起こします。

これは抗生物質で胃腸の中の微生物菌を全て殺す(例 ピロリ菌治療)のと

似ています。抗生物質を投与すると善玉菌が死ぬので、必ず下痢を起こします。

胃腸の中の微生物菌の調和で治療を行うのが、本来の方法なのです。


さて、体を洗い過ぎたり、消毒をし過ぎると、エサとなる皮脂がなくなり、皮膚常在菌

(主に乳酸菌)が住めなくなります。アトピーは正にその状態です。

皮膚が砂漠状態となっています。お湯で流すだけで十分。昔の人は糠で洗って

いました。糠はミネラルたっぷりで、常在菌のエサになります。

皮膚常在菌を殺す石鹸(界面活性剤)や消毒剤は、出来る限り使用すべきでは

ありません。

もう一例を紹介しますと、おにぎりを子供に作って食べさせた時に、おばあちゃんが

作ったおにぎりが、お母さんのより一段とおいしいそうです。

それは、おばあちゃんは素手で、お母さんは衛生面を考えて、薄いビニール手袋や

ラップで握っているからです。しかし、素手に住んでいる常在乳酸菌が塩と反応、

ご飯との間で醗酵しているからおいしいのです。

ここにも、消毒が正しいと思う世の中の常識と違う現象が見受けられます。

微生物菌全てのバランスが必要なのです。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR