FC2ブログ

赤ちゃんと腸内細菌

動物の赤ちゃんは産まれた時は無菌状態と言われています。

約一年の間に腸内フローラを整えます。例えば、パンダは笹を消化する酵素を

持っていないし、コアラはユーカリを消化する酵素を持っていません。

腸内環境を整える為に、お母さんのウンコを舐め(なめ)土を舐めます。

こうしていろいろな菌を体に摂り入れ、善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスの

取れた腸内環境となり、健康で免疫力の強い体が作られます。


人間も産まれた時は無菌状態で、まずは、お母さんから菌をもらいます。

そして赤ちゃんがなんでも口に入れたがるのは、いろいろな菌を体に摂り入れる事で

免疫システムの確立と腸内環境を整える為なのです。特に土との接触は非常に

大切なのです。しかるに最近は、汚いという事で消毒・殺菌・滅菌が行き過ぎ

生まれて一年の間に腸内環境が整えられない赤ちゃんが激増しています。

腸が免疫力の70%以上を司どるのに、その様な環境から汚いという事で親が遠ざけ、

腸内環境の不完全なる子供が増えています。アトピー性皮膚炎や喘息・花粉症・食物

に対するアレルギーなどの病気が、腸内環境が不十分な人達に発症しています。

主に先進国や都会で、昔無かったこの様な病気が多く発症し、後進国や田舎(土に

接する機会が多く、土中から微生物菌を摂り入れている)では、ほとんど見られません。


あまりにも人間生活が自然界から離れ、潔癖性と消毒の考え方が行き過ぎ、

昔無かったおかしな病気が蔓延しています。


今日もお読みいただいてありがとうございます。  感謝します。

ご意見、ご感想をお寄せください。  お待ちしています。

ブログランキングに参加しております。
お手数ですがポチっとクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

初一念

Author:初一念
しょいちねん【初一念】の意味-----初めに心に決めた覚悟。最初の決心。初志。「―を貫く」

健康、医療には嘘が多い。自然に考え、自然に生きてこそ真実が見えてきます。

ご質問、ご意見、ご感想をお寄せください。 090-1953-5805

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR